チェコキュビズム博物館

このCelentna no. 34の建物は1911年から1912年にかけてヨーゼフゴチャール(Josef Gočár )により設計された1階を店とオフィス、フラットまたキュビストの家具をそろえる伝説的オリエントコーヒーハウスを上の階に持つ多目的ビルです。これは真の建築的傑作品で大きなキュビストの窓もち光と影の異常な相互作用を作り出すために建物正面は複数の平面に分けられています。1階のグリルの後方には聖母像がありこのビルにその名前を与えています。上の階は美しくまたスタイリッシュなカフェです。ヨーロッパでのキュビストの絵画は一般的でしたがボヘミアではユニークなチェコのキュビズムが建物の中に恒久展示されています。

住所: Ovocnytrh 19, Old Town, 入場料: 100 CZK.

チェコキュビズム博物館

 

PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。