Home / アトラクション

アトラクション

プラハ城

プラハ城は徒広い複合建築物でブルタバ川左岸のプラハの旧市街まで続く大きな丘の上にあります。プラハ城の辺りはフラッチャニ(Hradcany)と呼ばれます。この城は部分的に異なるスタイルで建てられまた縦ではなく横に広がっているため厳密な意味での「古典的」城ではありません。 しかし壮大な城の内部には多くの名所やアトラクションがあります。

Read More »

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。

Read More »

旧市街広場

広場は以前から常に活気のある場所で今日はチェコと海外からと両方の旅行者から人気のある場所で、多くのレストラン、パブ、ショップ、エンターテイメント、ギャラリーや博物館があります。その長い歴史は広場が数々の長距離貿易ルートの合流点として形成され市場として使われていた11世紀似遡ります。当時はヨーロッパ全土に知られていました。

Read More »

市庁舎

プラハの最も有名なアートヌーボーの建物は1906年から1912年に建設され旧王室宮殿にありました。アートヌーボーの金の縁取り、ステンドグラス、彫刻や通常の展示物やコンサートを見る観光客の人気スポットとなっています。

Read More »

天文時計

塔の最も人気のある部分は市庁舎の時計です。プラハの天文時計は最も古いものの一つでまた今まで作られた時計の中で最も精巧な物の一つです。はじめ 1410年に据え付けられその後マスターヘイナスによって1490年に再建されました。時計は天空の太陽と月の位置を示し数カスの天文学的詳細を表示する天文盤、使徒の人形と他の動く彫刻の毎時の仕掛けショーの「使徒の行進」、そして月を表しているメダリオンのある歴版の3つの主要部から成り立っています。

Read More »

聖ヴィート大聖堂

狭い小道が城の第3の中庭へと続き、ほんの数歩先に巨大で畏敬の念を抱かせる聖ヴィート大聖堂の正面が突然出てきます。 大聖堂内部には大聖堂西側の入り口から入ることができます。 聖ヴィート大聖堂の塔の尖塔はエレガントしかし尊大なフランスゴシック構造で城壁以上に高くそびえ建っています。 ここは国内最大の大聖堂で多数のサイドチャペル、フレスコ画、募石があります。

Read More »

旧ユダヤ人地区ヨゼホフ

ユダヤ人地区は旧市街広場とヴルタヴァ川の間にある小さな地域でヨゼホフ(改正によりユダヤ人の生活を楽にした皇帝ヨーゼフ2世にちなんで名付けられました。ユダヤ人地区にはプラハの旧ユダヤゲットーの残りがあります)として知られています。街の一部と同意語の2つの像があります。

Read More »

ダンシングハウス

「フレッドとジンジャー(Fred and Ginger)」というニックネームを持つダンシングハウスは、プラハダウンタウンにあるオフィスビルです。 1997年にクロアチア生まれのチェコアーチストVlado Milunicとアメリカ人建築家Frank Gehryの共同で建設されました。 チェコの劇作家と前大統領のヴァーツラフ・ハヴァルが所有するビルの隣のリバーフロントの空き地に建てられました。デザインの承認とビルの建築にはヴァーツラフ・ハヴァルのアヴァンギャルド建築への強い支持がありました。 チェコではTancici dum

Read More »

旧市庁舎

街の自治の象徴である旧市庁舎は、プラハ歴史地区で最も美しい名所のひとつです。その起源は14世紀に遡ります。この頃より街の家屋が徐々に1つの建物に統合されてできたもので、プラハやチェコの歴史と深い関わりがあります。 ここでイジー・ス・ポジェブラトがボヘミアの王に選出され、その中庭ではフス派の急進的指導者ヤン・ジェリフスキーが処刑されました。後に白山の戦いの後、反乱者たちは市庁舎内の刑務所から直接絞首台へと送られ、そのうち27名が旧市街広場で処刑されました。市庁舎は戦時中に被害も受けました。第二次世界大戦末期に起きたプラハ蜂起では、市庁舎の一部が燃けて、有名な天文時計が大破しました。 今日、旧市庁舎では主に結婚式が行われていますが、ロマノ・ゴシック様式の地下室やピーター・パルラーにより設計された楕円形の壁絵があるゴシック様式の礼拝堂を見学できる他、市の会議場がいくつかあります。また、広場にある天文時計では十二使徒を間近で見られ、毎正時には行進する姿を楽しめます。 ここでの真の楽しみは、何といっても塔に登ってプラハの百尖塔のパノラマ景色を満喫することでしょう。同時にプラハの巨大な近代建築の眺めも楽しめます。4階には、Vlastimil SlívaとJiří Strakaが20年以上にわたり制作した切り絵やプレキシガラスがあります。 上空からの眺めを満喫 広場で最も目を引くのは、高さ69.5メートルの塔で、塔の上からは市内全体の素晴らしい景色を満喫できます!ここから、興味深い多様な家々が立ち並ぶ大通りPařížská(パリ通り)、シナゴーグや墓地がある旧ユダヤ人街、壮大なプラハ城、聖ヴィート、聖ヴァーツラフ、聖アダルベルト大聖堂の他、数多くの塔や砲塔、ドームなど、市内にある様々な建築物を一望でき、最も美しいプラハの眺めを堪能できます。   中世の地下道 旧市庁舎の地下へと続くドアの向こうには、中世のプラハの姿が今もそのまま残っています。12~13世紀のプラハ旧市街の家の内装や井戸、門は、どのようになっていたのでしょうか?白山の戦いに敗れたチェコ貴族が、反乱に参加した罰として人生の最期を過ごした市庁舎の牢獄はどこにあったのでしょう?   十二使徒を間近で堪能 プラハを訪れた際、有名な天文時計は見逃せませんが、十二使徒も間近で見れます。彫刻家Vojtěch Suchardにより作られた木製の彫刻でひとつひとつに個性があり、天文時計の仕掛けやゴシック様式の礼拝堂の内装の一部として機能しています。   天文時計 天体の動きを表すプラハの天文時計とそこにある十二使徒は、旧市庁舎ならではの見所です。天文時計は1410年に作られて以降、何度か破壊されたり解体されたりしました。十二使徒の他、骸骨、虚栄家、守銭奴、トルコ人(享楽の象徴)のからくり人形が見られます。また、自分の星座を見つけることもできます。   旧市庁舎の広間 旧市庁舎は今日も街の中心部にあり、プラハ市長はここで著名人や特別な来客者を迎えます。最も美しいのはルネサンス様式の旧議事堂で、絵画が描かれた格間天井を楽しめます。また、壮大な絵画や彫刻で飾られたその他の部屋も必見です。   開館時間: 旧市庁舎 毎日開館: 月曜日11:00~18:00、火曜日~日曜日9:00~18:00 旧市庁舎の塔 毎日開館: 月曜日11:00~22:00、火曜日~日曜日9:00~22:00 夜間ツアー: 金曜日、土曜日20:30~ 子ども向けの特別ツアー: 日曜日14:00~ 天文時計: 毎日9:00~23:00   天文時計の塔への入場料 大人/子ども100/50 CZK(税込)、旧市庁舎160 CZK  

Read More »

プラハ城の黄金小路

White TowerとDallibor Tower,の壮大で印象的な構造物に縁どられた黄金の小路は城の壁に静かに刻まれています。16世紀と17世紀の錬金術師や王室の側近の家としての歴史を持ち、現在では壮観を持つ趣のあるチャーミングな小さな通りとなっています。

Read More »

ストラホフ修道院

ストラホフ修道院として知られているこの修道院はPremonstratensiansのグループがここに住み着いた1143年まで、あまり上手くいっていませんでした。 Premonstratensiansとは聖ノルベルトによって1120年に設立されたローマカトリック聖堂参事会会員のことです。 Norbertiansやホワイトキャノン(White Canons)としても知られています。 共産党時代、修道院は閉鎖され修道士の多くは投獄されました。

Read More »

ティーンの聖母教会

この印象的な旧市街の教区教会を特に夜見に来て下さい。 このゴシック式の教会は旧ロマネスク教会の跡地に1365年に建てられました。 その壮大な複数の尖塔は80メートルあり広場を見下ろしています。 15世紀初期から1620年の間はプラハの主要フス派教会でした。

Read More »