観光名所

天文時計、カレル橋、聖ヴィート大聖堂とプラハ城、そしてユダヤ人街を含む旧市街広場は、プラハで最も訪れる人が多い観光名所です。また、素晴らしいアールヌーボー建築である市営住宅と、プラハで最も大きなコンサートホール、または堂々としたバロック建築二階建てのストラホフ修道院とその哲学の間、ストラホフギャラリーも考慮の価値があります。

緑にあふれた場所へ逃避するなら、かつては禁じられた要塞で、今となっては地元の人の週末の人気スポットであるペトシーンの丘の穏やかな土地、展望台、またはヴィシェフラットをケーブルカーで訪れると良いでしょう。

その他全ての観光スポットは、個々人の好みや時間の都合によって考慮することができ、このカテゴリーではプラハを最大限探検するための、多くのアイディアを発見することができます。

プラハの最も美しい眺めは旧市街側の橋の塔からのパノラマビュー

プラハの最も美しい眺めは旧市街側の橋の塔からのパノラマビュー

世界中どこの街にもプラハほどの息を呑むようなパノラマビューはありません。レッサータウン(Lesser Town of Prague)やプラハ城とストラホフ(Strahov)修道院やペトシーン(Petřín)が最も良く見えるのは、旧市街側の橋の塔の展望塔からの眺めでしょう。ですがピカピカ明るくて全てが曝け出される時ではなく、夕暮れ時がよいでしょう。 暗くなりかけた空が、建築の妙の美しさや我が国の川であるヴルタヴァ川を際立たせています。 カルレの勝利のアーチ この塔は単に要塞の建物であるだけでなく、勝利のアーチでもあり、プラハ城への戴冠式の行進にも使われました。カルレ四世(カール四世)が1357年にヴルタヴァ川に新しい石橋の連絡橋を建設した際にこれが定められました。この橋は3度吊り方式で建設され、総延長515メートルで1402年に完成しました。 塔は14世紀の70年代から80年代に完成しました。建築家はペトル・パルレー(Petr Parléř)であるとされています。塔の旧市街側には、カルレ四世、ヴァーツラフ四世、聖ヴィート、ジークムンド、および聖ヴォイチェフ等の彫刻で装飾され、これに獅子の像が加えられています。 この塔は三十年戦争の際にスウェーデンの軍隊に、またその後1848年のチェコ革命によって破壊されました。 白山の戦いにおいてプロテスタントを打ち負かした後、1621年には処刑された者の首が塔の上に晒されました。一説によれば、打破するのに大変苦労したそうです。反乱者たちは君主からの慈悲を期待していましたが、その代わりにあの処刑が行われることとなり、一部の者はつながれて拷問を受けました。 白山の戦いの後、処刑された権力者たちの富が莫大なものであったことから、外国の貴族たちがボヘミアに移ってきましたが、その多くはドイツ語、そしてイタリア語を話す者たちでした。 12の頭部が晒された塔 処刑の後、処刑人のマイドラー(Mydlář)は12の頭部を2つの籠に入れて塔に運びました。それらはワイヤーバスケットの長い鉄製の棒にぶら下がっていました。そのうちの6つはプラハのレッサータウンの方角に向けて吊るされ、後の6つは旧市街の方に向けられていました。長い間晒された後、それらの頭蓋骨がどこに消えたのかは未だ謎のままです。オンドジェイ・シュリック(Ondřej Šlika)の頭の上には切断された手が置かれており、イェセンスキー(Jesenský)教授の頭の上には舌が置かれていましたが、これは彼がまだ生きている時に切断されたものでした。 1874年から1878年までの間に、この塔は建築家のヨーゼフ・モッカー(Josef Mocker)の指揮の元で再建されました。塔の屋上に立つと、後ろ手にはイエズス会のクレメンティーヌム(Klementinum)修道院やクジジョブニツキ(Křížovnický)修道院があり、またそこから旧市街やヴィートコフ(Vítkov)の良い眺望が得られます。 塔からはカレル橋がカーブを描いているのが見えますが、渡るだけでは恐らく気付かないでしょう。ガス灯のある光景は、過去の時代と同様に、ポールを手にした人物、ジャコヴェッチさん(Mr Žákovec)によってそのポールの先で火が灯されます。そしてイルミネーションで飾られた船がヴルタヴァ川を通っていく様は実に気分が高揚します。よほど何も知らない者でない限りこのような絵図に感銘を受けないはずはありませんが、そのような無知の者であればこの世界の美を見るために100コルナも払わないでしょう。 空にそびえ立つゴシック様式の大聖堂 トレイルに沿って灯りが灯されたペトシーン(Petřín)にはランプ坂があり、展望塔に続いていきます。ケーブルカーの線路が灯りの線を形作っています。ペトシーンの展望塔にはストラホフ修道院と同じようにイルミネーションが施されています。 聖ヴィート大聖堂(St Vitus Cathedral)がなければ、ただ宮殿が長細く連なっているだけで退屈だったでしょう。王宮から空に向かってそびえ立つゴシック様式の建物はこの世のものとは思えないような美しさを醸し出し、その下には王宮や居住区域、教会が並び、特に鐘楼の付いた聖ミクラーシュ教会(St. Nicholas…
プラハの音楽-プラハの音楽スポット

プラハの音楽-プラハの音楽スポット

プラハは、クラシック音楽をリードしていることで有名で、毎日、数多くの音楽やオペラ、バレエ公演が開催されています。人気の作曲家には、モーツァルト、ヴィヴァルディ、バッハ、ヴェルディ、ドヴォルザーク、スメタナなどがいます。コンサートは、お昼時や夕方に開催され、チケットは直接会場のチケット売り場または事前にオンラインで購入できます。プラハでクラシックコンサートを楽しむための最高の会場は、ルドルフィヌムにあるドヴォルザーク・コンサートホール、市民会館にあるスメタナホール、プラハ城にあるセント・ジョージ・バジリカ、 クレメンティヌム、聖ニコラス教会です。 コンサートホール プラハ城のスペインホール(第2中庭)Prague 1, www.hrad.cz – プラハ城最大の式場で、重要なセレモニーやコンサートが行われています。 クラムギャラス宮殿, Husova 20, Prague 1, www.ahmp.cz – このバロック様式の豪華な建物では、イベントやコンサートが開催されています。 クレメンティヌム – 鏡の礼拝堂, Mariánské náměstí 5, Prague 1, www.klementinum.com –…
旧市庁舎

旧市庁舎

街の自治の象徴である旧市庁舎は、プラハ歴史地区で最も美しい名所のひとつです。その起源は14世紀に遡ります。この頃より街の家屋が徐々に1つの建物に統合されてできたもので、プラハやチェコの歴史と深い関わりがあります。 ここでイジー・ス・ポジェブラトがボヘミアの王に選出され、その中庭ではフス派の急進的指導者ヤン・ジェリフスキーが処刑されました。後に白山の戦いの後、反乱者たちは市庁舎内の刑務所から直接絞首台へと送られ、そのうち27名が旧市街広場で処刑されました。市庁舎は戦時中に被害も受けました。第二次世界大戦末期に起きたプラハ蜂起では、市庁舎の一部が燃けて、有名な天文時計が大破しました。 今日、旧市庁舎では主に結婚式が行われていますが、ロマノ・ゴシック様式の地下室やピーター・パルラーにより設計された楕円形の壁絵があるゴシック様式の礼拝堂を見学できる他、市の会議場がいくつかあります。また、広場にある天文時計では十二使徒を間近で見られ、毎正時には行進する姿を楽しめます。 ここでの真の楽しみは、何といっても塔に登ってプラハの百尖塔のパノラマ景色を満喫することでしょう。同時にプラハの巨大な近代建築の眺めも楽しめます。4階には、Vlastimil SlívaとJiří Strakaが20年以上にわたり制作した切り絵やプレキシガラスがあります。 旧市庁舎には、これまでに数多くの著名人が訪れています。その中には、ポーランドの反体制派の政治家で後にポーランド大統領となったレフ・ワレサや、イギリスの王位継承者であるチャールズ皇太子とダイアナ妃、有名なフランスの女優アニー・ジラルド、アメリカの俳優トム・クルーズ、イタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリなどがいます。 上空からの眺めを満喫 広場で最も目を引くのは、高さ69.5メートルの塔で、塔の上からは市内全体の素晴らしい景色を満喫できます!ここから、興味深い多様な家々が立ち並ぶ大通りPařížská(パリ通り)、シナゴーグや墓地がある旧ユダヤ人街、壮大なプラハ城、聖ヴィート、聖ヴァーツラフ、聖アダルベルト大聖堂の他、数多くの塔や砲塔、ドームなど、市内にある様々な建築物を一望でき、最も美しいプラハの眺めを堪能できます。 中世の地下道 旧市庁舎の地下へと続くドアの向こうには、中世のプラハの姿が今もそのまま残っています。12~13世紀のプラハ旧市街の家の内装や井戸、門は、どのようになっていたのでしょうか?白山の戦いに敗れたチェコ貴族が、反乱に参加した罰として人生の最期を過ごした市庁舎の牢獄はどこにあったのでしょう? 十二使徒を間近で堪能 プラハを訪れた際、有名な天文時計は見逃せませんが、十二使徒も間近で見れます。彫刻家Vojtěch Suchardにより作られた木製の彫刻でひとつひとつに個性があり、天文時計の仕掛けやゴシック様式の礼拝堂の内装の一部として機能しています。 天文時計 天体の動きを表すプラハの天文時計とそこにある十二使徒は、旧市庁舎ならではの見所です。天文時計は1410年に作られて以降、何度か破壊されたり解体されたりしました。十二使徒の他、骸骨、虚栄家、守銭奴、トルコ人(享楽の象徴)のからくり人形が見られます。また、自分の星座を見つけることもできます。 旧市庁舎の広間 旧市庁舎は今日も街の中心部にあり、プラハ市長はここで著名人や特別な来客者を迎えます。最も美しいのはルネサンス様式の旧議事堂で、絵画が描かれた格間天井を楽しめます。また、壮大な絵画や彫刻で飾られたその他の部屋も必見です。 開館時間 旧市庁舎 毎日開館: 月曜日11:00~18:00、火曜日~日曜日9:00~18:00 旧市庁舎の塔 毎日開館: 月曜日11:00~22:00、火曜日~日曜日9:00~22:00…
植物園

植物園

トロヤには、大型動物園やトロヤ城の他にも、トロヤ城の北側へと続く森の中に、この街の植物園があります。この植物園の見所は、ブドウ園や日本庭園、ガラスハウス、そしてプラハ市内を一望する素晴らしい眺めです。発展し続けるこの植物園では、常に新しい展示を楽しめます。また、丘を少し登った森の中には、壮大で曲線の美しい温室ファタ・モルガーナ(開園日時は植物園と同じ。但し月曜日は休園)があり、中では砂漠や熱帯植物の間を蝶が飛び回っています。 開園日時: 3月: 午前9時~午後5時、4月~10月: 午前9時~午後6時、11月~2月: 午前9時~午後4時。入園料: 120 CZK。外国語でのガイドツアーも利用可能。website
レトナ、プラハメトロノーム

レトナ、プラハメトロノーム

レトナ公園は、プラハ上空に広がる平地で、かつては侵略軍や包囲軍が集結し、現在はスポーツや文化イベントが数多く開催され、古くより人々が集まる場所です。共産主義政権の時代には、ここでは主に毎年メーデーパレードが行われ、共産党の指導者たちがスパルタ・プラハのスタジアムの巨大な赤い演台から敬礼する中、何千人もの人々が重い足取りで行進していました。また、世界最大のスターリン像を誇っていた時代もあります。花崗岩でできた高さ30メートルのこの像には、まるで「ハーメルンの笛吹き男」のように、スターリンを先頭に、当時共産主義国だったチェコやロシアの人々の列が形作られていました。スターリン像は、1955年5月1日に公開されましたが、1956年にフルシチョフがスターリン批判を行い、その後、1962年にこの像は爆破されました。現在、スターリン像の跡には、1991年に建設された巨大な赤いメトロノームが、ヴルタヴァ川を見下ろすようにそびえ立っています。国際的に活躍する彫刻家ヴラティスラヴ・ノヴァックにより設計された高さ75フィート(23メートル)のこのメトロノームは、夜になるとライトアップされ、市内中心部から見ることができます。また、メトロノームの裏には、人気のスケートスポットがあり、ヨーロッパをはじめ世界中からスケートボーダーたちが集まる他、年間を通じて撮影も行われています。
ヴァレンシュタイン宮殿

ヴァレンシュタイン宮殿

ヴァレンシュタイン宮殿(Valdštejnský palác)は、プラハ初の巨大なバロック様式の建物で、1634年にこの世を去ったアルブレヒト·フォン·ヴァレンシュタインにより建築されました。ヴァレンシュタインは軍の指揮官として、30年戦争でプロテスタント軍と戦い多くの勝利を収め、たちまち皇帝フェルディナンド2世にとって不可欠の存在となりました。しかし、ヴァレンシュタインには授与されたタイトル以上の力量があり、その眼力はボヘミアの王冠ほどの価値がありました。皇帝からの承諾なしに敵と交渉を行い、その野心のために殺害されたのです。
聖アグネス修道院

聖アグネス修道院

プラハのユダヤ人地区を歩いていると、聖アグネス修道院(Anežský klášter)が見えてきます。1230年代、オタカル1世の娘アグネスによって設立されましたが、建築には50年以上の歳月がかかりました。19世紀に崩壊した後、一部復元され、現在2つの教会は、度々コンサートやイベントの会場として利用されています。また、中世の美術の見事なコレクションがあり、そのほぼすべてが有名なナショナル・ギャラリー所有のものです。
聖キリルと聖メトディウス正教会大聖堂

聖キリルと聖メトディウス正教会大聖堂

1942年、ラインハルト·ハイドリヒの暗殺に関与した7人のチェコ党員は、この大聖堂の中でナチス軍から身を隠していました。この物語の背景にはいわば伝説のようなものがあります。花々で覆われた墓を見ると、収容・殺戮に必死で抵抗した党員たちの姿が思い描かれ、非常に心を打たれます。激しい銃撃戦の末、党員たちは捕獲されるのを拒み、自ら命を絶ったのです。
ブジェフノフ修道院

ブジェフノフ修道院

ブジェフノフ修道院(Břevnovský klášter)は、紀元前993年、プラハの王子ボレスラフIIと聖アダルベルトの司教により設立されました。
Celetna Street(ツェレトナー通り)

Celetna Street(ツェレトナー通り)

この通りは旧市街地の最も重要な通りの一つです。この通りは貴族になる際チェコの君主が通った町中を通るルートである「Royal Way(国王の道)」となった14世紀にさかのぼる歴史にあふれています。このルートは実際、Vysehrad(ヴィシュフラット)に始まり、プラハ城で終わっていて、このルートにある通りは全て非常に重要なものとされてきました。
聖イジー・バジリカ式教会

聖イジー・バジリカ式教会

プラハで最も古い保護宗教施設である聖イジー・バジリカ教会 (Bazilika Sv. Jiří)は、多くの人々にとっていろいろな意味で重要な場所であることは明白な事実です。教会の歴史はボヘミアのVratislaus I 公爵による920年の建築にさかのぼり、 925年にはボヘミア初の殉教者Ludmilla公爵夫人がここに埋葬されました。
プラハ動物園

プラハ動物園

自然や動物愛好家、そして子供連れのご家族にはプラハ動物園がお勧めです。Forbes Traveller Magazine (フォーブス・トラベラー・マガジン)で世界のベスト動物園の一つに挙げられました。 動物園は年中開園しておりTroja流域の絵画のような場所に位置しています。
Back to top button