Home / アトラクション (page 2)

アトラクション

ベスト・シティー・ビュー

プラハはしばしば「1000の尖塔の街」と呼ばれます。数々の素晴らしい景色に恵まれるのは間違いありません。ベストには:St. Vitus’ Cathedral (聖ヴィート大聖堂)–287段の階段を上って頂上まで行けるなら町全体の素晴らしい景色を見ることができます。

Read More »

聖イジー・バジリカ式教会

プラハで最も古い保護宗教施設である聖イジー・バジリカ教会 (Bazilika Sv. Jiří)は、多くの人々にとっていろいろな意味で重要な場所であることは明白な事実です。教会の歴史はボヘミアのVratislaus I 公爵による920年の建築にさかのぼり、 925年にはボヘミア初の殉教者Ludmilla公爵夫人がここに埋葬されました。

Read More »

カフカのプラハ

フランツ・カフカ(1883-1924)はその作品をドイツで執筆しましたが彼はチェコ首都出身者そのものでした。 彼は生涯プラハで暮らし、街に取り付きまた街に取り付かれ、嫌いまた必要としてました。 彼の小説「The Trial」は路地や通路の迷路が通常の外の道と中庭、公私、新旧、真実と想像の境目を無くす旧市街の形而上地理として見ることができます。

Read More »

聖ニコラス教会

この優雅なバロック調の協会は1704年から1755年の間に Kilian Dientzenhoferによって建てられました。ヨーロッパで最も美しいバロック教会の一つです。 建物は1735年に完成しましたが、1781年皇帝ヨーゼフ2世の命令で修道院は閉鎖され装飾品は取り除かれました。第二次世界大戦中、チェコ軍がこの教会に駐在し、同時にアーチストがその多くを修復しました。 元はベネディクト会士修道院の教会でしたが、今ではチェコスロバキアのフス教会に属しています。

Read More »

国立劇場

プラハの国立劇場(National Theatre (Národní divadlo))はチェコ国民のその国民 アイデンティティーと独立に対する意思を具現化したものです。この建築には多くの人々による基金が寄せられ、そのため1868年5月16日の定礎式は全州の政治的デモンストレーションに等しいものでありました。

Read More »

お子様づれの家族

建築物や博物館、ギャラリーなどは子供たちはあまり興味を示さないと思われがちです。しかし心配しないでください。多くの楽しいアクティビティーがあり子供たちを楽しませ、さらには両親をびっくりさせるかもしれません。 お子様が6歳以下の場合、ほとんどの博物館や公共交通機関は無料です。

Read More »

聖アグネス修道院

プラハのユダヤ人地区を歩いていると、聖アグネス修道院(Anežský klášter)が見えてきます。1230年代、オタカル1世の娘アグネスによって設立されましたが、建築には50年以上の歳月がかかりました。19世紀に崩壊した後、一部復元され、現在2つの教会は、度々コンサートやイベントの会場として利用されています。また、中世の美術の見事なコレクションがあり、そのほぼすべてが有名なナショナル・ギャラリー所有のものです。

Read More »

ヴァーツラフ広場

Na příkopě の南の端がヴァーツラフ広場 (Václvské náměstí)に合流します – 長さ750メートル、幅 60メートルの大通り。600年以上前のシャルル4世の時代に設計され馬市場として利用されていました。当時からこの広場は各種の人々、組織、チェコ共和国で知られている政党等の一般的なパレードの場となっています。この通りは楽に400,000人を収容でき、また以前実際に収容したこともあります。

Read More »

勝利の聖母教会(Church of Our Lady Victorious)

1613年に建てられた勝利の聖母教会(The Church of Our Lady Victorious)には1628年にスペインから持ってこられた全長47センチの蝋人形の赤子のキリスト像が中央の祭壇にあります。プラハの聖なる御子(Pražské Jezulátko)として知られており、伝染病や 三十年戦争の破壊からプラハを守ったと言い伝えられています。

Read More »

ネルダ通り

プラハを訪れる際見逃してはならないもう一つのストリートがNerudova Street(ネルダ通り)です。19世紀のチェコの作家Jan Neruda(ヤン・ネルダ)に因んで名づけられたこの道は王の道の一部でもあり、王はこの道に沿って戴冠式へ向かいます。現在立ち並ぶ多くの家屋は中世紀にまでさかのぼります。この道はまた家屋につけられた紋章でも有名です。

Read More »

ロレタ(Loreta)

このかわいいバロック調神殿はボヘミアの貴婦人ロブコヴィッツのカテリーナ(Kateřina of Lobkowicz) により1626年に提供されて以来、巡礼の場所となっています。

Read More »

チェコキュビズム博物館

このCelentna no. 34の建物は1911年から1912年にかけてヨーゼフゴチャール(Josef Gočár )により設計された1階を店とオフィス、フラットまたキュビストの家具をそろえる伝説的オリエントコーヒーハウスを上の階に持つ多目的ビルです。

Read More »