新市街(The New Town)

プラハの商業およびビジネス地区で、大型ショッピングモール、ホテル、映画館、ナイトクラブ、ファーストフード店が立ち並びます。中心には、斜めに長く伸びた大通り、ヴァーツラフ広場があります。

New Town (新市街)(Nové Město) は1348年皇帝シャルル4世によって設立されました。これはプラハで最も大規模な都市計画条例の一つで、世界でも特有なものの一つです。この条例の中で彼はTěšnovからVyšehradに広がるルマネスク様式の時代からの地元住民を統合し、新開発の規約の原則をしきかせました。この規約の原則は現在まで変えられることなく使用されています。Charles’ Square(シャルル広場)は主要公共区域と指定され、その西側はヴィシュフラットからプラハ城へと続く昔からの道に隣接しています。フス戦争の時代までヨーロッパの重要性を持つ宗教巡礼はここで毎年行われており「サクラメント、帝国即位式宝飾品、神聖な遺体の提示」と呼ばれていました。このためこの広場はこれほど大きな地域が計画されたのです。しかし時間がたち、下側のヴァーツラフ広場であるMustek 周辺地域が現在重要な商業性、社交性、政治性をもつプラハの最大・最重要大通りであり、経済的優位を得ています。

新市街の建設の動機はもちろん商業的また政治的なものでありました。しかし最初の1世紀はこのプロジェクトは経済的側面で弱く、そのため他と異なるフス派の不安が新市街から起源を発しました。しかし今日新市街は非常な既耕地であり、創設者の構想を完全に発展させています。

 

新市街への行き方

この地域の最も便利なメトロ停留所はMuzeum(ヴァーツラフ広場の上)と全てのライン(A、B、C)が交差するMůstek(ヴァーツラフ広場の下)でしょう。もしくはBラインのKarlovo náměstíもこの地域内にあります。

PAT

Check Also

ヨゼホフ(Josefov)

旧ユダヤ人地区であるJosefov(ヨゼホフ)はユダヤ人商人や換金商の移民から成り立ちました。これらの人々はSlovanský ostrov (Slavic Island) の北端、ヴルタヴァ川の昔の浅瀬に近接しており、この地域は現在国立劇場の逆側からヴルタヴァ川の当初の川岸にある Kaprova ストリートにまで広がっています。中世紀の反ユダヤ主義のため、タウンは1848年には総計7つにおよぶゲート付きの強固な城壁が備え付けられていました。