Home / 安全 / Scam City – ナショナルグラフィックのドキュメンタリー

Scam City – ナショナルグラフィックのドキュメンタリー

プラハ市は「Scam City」 のドキュメンタリー制作者に対し、ナショナルグラフィック・ドキュメンタリーの中で、プラハを完全に詐欺の街として描写したとして、謝罪を求めています。市の代表がプレゼンターのコナー・ウッドマンに対し、ドキュメンタリー内で助手を起用し舞台を撮影したと苦情を訴えています。しかしStream.czにある話が証明するように、ウッドマンにより描かれた習慣は事実です。それどころか、はるかにひどい状況です。

10月に発表された「Scam City」 のドキュメンタリー裏舞台に関する警察の調査報告には、激しい反響がありました。その報告によると、ウッドマンは実際の現場ではなく、主役の俳優を雇い人為的に作成したシーンを撮影したのです。例えば、タクシードラーバーが短距離の乗車に対し超過料金を請求する場面や、ソーセージの販売人がおつりをごまかすシーンなどです。

プラハ市の管理者は、このレポートは巧妙であり市に対して有害であると述べました。その後、プラハ市は弁護士を起用して可能な法的措置への準備をすることを決定しました。法律顧問ルーカス・マンハルト氏は、適切な謝罪を求めていると語り、ČTKで「謝罪の形についてはこれから議論します」と述べています。

プラハ市は、こうした状況を改善し、不誠実なタクシードライバー、手数料を請求する両替商といった数十年来の習慣を解決して汚名を返上しようと努力しています。

 

外貨両替所では交渉可能

問題の焦点は、ウッドマンが実際に嘘のレポートを作成したか、それとも俳優を雇ったものの実在する現場を撮影したのかという点です。レポーターたちがこの問題の検証に乗り出しました。まず、プラハの外貨両替所、次にタクシードライバーについて調べました。結果は共に、ナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーにある描写よりもひどい状況でした。

あるレポーターが外国人観光客として、プラハの外貨両替所で300ドルを換金しようとしました。その結果は異例なものでした。一ヶ所で5432クラウンに換金されましたが、他の両替所で受け取ったのは4493クラウンだったのです。カウンターの後ろで勤務している人によると、20%の手数料が発生するためだそうです。

このニュースレポートの制作者が見出したように、両替所では決まった額を提供するとは限らなかったのです。主人公が金額に満足いかず背を向けると、両替所の係員は手数料を半額に引き下げました。別の両替所でも、他の所ではより高額に換金できたと言うとさらに良いレートを提供されました。

ウッドマンは、自身の報道の中で50ユーロを換金しようとしていました。ある両替所で1220クラウンだったのに対し、他の所では903クラウンでした。

 

タクシー4キロ乗車800CZK

レポーターとそのチームは、ドキュメンタリーの一部としてプラハのタクシードライバーに焦点を当てました。ヴァーツラフ広場から旧市街地広場までの乗車で754クラウン支払ったというウッドマンの体験を検証するためです。すると驚いたことに、この約4キロの乗車で、820クラウン請求されたのです。1キロ当たり約195クラウンで、40クラウンは初乗り料金でした。

ルーベス氏によると、外国人観光客として助けを求めたときのプラハ警察の反応は、穏やかではありませんでした。タクシーの領収書を提出したにもかかわらず、警官はぶっきらぼうに肩をすくめ、これは警察には通用しないと言ったそうです。

その後ルーベル氏は、他のタクシードライバーにヴァーツラフ広場から旧市街地広場まで戻るのにいくらかかるか尋ねたところ、500クラウンだと言われました。タクシーに記載されている料金によると、1キロ当たり28クラウンで、初乗り料金は40クラウンでした。これを4キロの乗車に換算すると、約150クラウンになるはずです。

 

参加者は入会した会社から支払いが

「Scam city 」ドキュメンタリーがチェコ共和国で放映されたのは、昨年11月です。前年には撮影会社Zig Zagプロダクションがナショナルグラフィック用に撮影していました。

数週間前、Zig Zagの制作者であるブレント・ベイカー、ピーター・デイはこう述べました。「主役を演じたコーナーが詐欺の被害に遭ったことが、この作品を制作した真の動機で、我々が撮影していた詐欺師たちは、それに対する注意の呼びかけに過ぎません。撮影参加者に通知したのは、基本的な業務事項です。制作会社として、すべての作品参加者から承諾を得る義務があります。参加者に金銭を支払ったことはあります。これもまた常識で、収入を失ったり、現場が混乱した際の補償です」

PAT

Check Also

プラハでの外食に関するアドバイス

プラハの魅力の大きな部分は、街の古い曲がりくねった地域を建物に驚いたり、人々を見たり、よさげなレストランのにおいをかいだりしながら目的も無く歩くとはっきり理解できます。ここでは非常に安い値段ですばらしい食事が出来、また同時に非常に高い値段の場所もあります。ウィーンで標準的な食事に払う値段でここプラハでは賢くレストランを選べば宴会が出来ます。 特別お値打ちの食事は昼食時間 (11:30 -14:30 ) に今日の特別メニューとして出されています。 ほとんどのレストランで特別メニューが出されており、その多くは地元ビジネスマン/ ビジネスウーマンを ターゲットにしています。  メニューはビジネスランチメニューと呼ばれることもあります。 観光客が行くところには必ず値段の高いレストラン特に旧市街広場の周辺に存在します。折角苦労して稼いだ金です。全く同一の食事に高い料金を払うよりツーリストのエリアから数分歩いて他の場所を探すことをお勧めします。チェコ伝統の肉&芋と同時にファッショナブルで経費効果の良いバーや数々の洗練されたエスニックの店が見つかることでしょう。雰囲気のオプションとしては暗い伝統的なチェコのビアホールから、貫禄的なアートヌーボーのディナー、モダンでトレンディーなカフェなどがあります。 詐欺にご注意ください。多くのレストランでは彼らの出す食事に対してよりも経験少ないビジター(地元の人でも)をだますことに努力しています。ビジターに対して彼らが払った金額よりも低い価値の食事を出したり「特注」と記載して注文していない分を請求したり、おつりの払い戻しを少なくしたりします。チェコ語を少しでも話す努力をして最高のサービスを受けるようにしましょう。明確な値段がないメニューは断りましょう。ウェイターが値段に上乗せしないか気をつけましょう。会計する際は請求書にある1つ1つの項目をちゃんと確認しましょう。サービス料が加算されていることもあり、その場合はチップを残す必要はありません。税金は常に料金に含まれているため、後で加算されることはありません。 ATMからおろした現金で飲食費を払う癖をつけましょう。どうしても必要な場合以外は大きな額の紙幣は使わないようにし、常におつりを確認しましょう。クレジットカードで支払う場合は、カードから必ず目を離さないようにしてください。