アクティビティ

プラハのライフスタイル

Prague’s Lifestyle[su_audio url=”https://www.prague.fm/mp3/Pragues_lifestyle.mp3″ width=”100%”]

プラハ市民にとって、ここは物価の高い街です。市民全体の平均月収が約30,000 CZKなため、中流家庭の人々は、観光客が訪れるようなレストランや観光スポットに行けるだけの余裕がありません。しかし、こうした場所に足を運べるような外国人観光客にとっては、プラハは手頃な料金で観光できる場所です。実際にどれくらいお手頃かについては、お住いの国により感じ方が異なるでしょう。

プラハ市民の多くは、経済的に苦しい日々を送っていますが、ほぼすべての人々の間でマナーが尊重されています。店やレストランに入る時は「dobry den(こんにちは)」、立ち去る時は「na shledanou(さようなら)」と誰もが挨拶をします。また、誰かの家に招待されたら、ほとんどの人が何かプレゼント(通常の場合、花で十分です)を持参します。クラシックコンサートや宴会をはじめ、夜に外出する際は、それに見合った服装で出かけるのも常識です。

プラハ最大の問題のひとつで、この街を未だ腐食させているのは、各政府機関で萬栄している汚職です。プラハ市民の多くは、政府職員に会う際に贈り物を持参します。待遇を良くしてもらうためです。プラハのこうした賄賂問題は、「Jánabráchismus」と呼ばれ、通常「魚心あれば水心あり」と訳されています。

プラハ市民の多くが好んでいるものもあります。そのひとつはビールです!ビールを1杯飲んでから職場に向かう人さえいるほど、この発酵されたアルコールが親しまれています。また、犬好きも多いですが、フンを始末しない人がほとんどです。まるで「モンティ・パイソン」のシュールなブラックユーモアのようです。

Prague’s Lifestyle

関連記事

Back to top button