Home / 安全 / プラハ中心部にはぼったくりタクシーが多数

プラハ中心部にはぼったくりタクシーが多数

プラハに根強く残る問題で、プラハの国際的な評判に深刻なダメージを与えているのは、ぼったくりタクシーです。その数は約100台で、主にPařížská通りやKarlova通り、旧市街広場の周辺や中央駅の横に停車していて、窃盗やぼったくり行為を行っています。

Prague Taxi Drivers

この状況は、1年前や5年前と全く変わっていません。こうしたタクシードライバーは、父親や祖父の代から詐欺行為を行っています。土地勘のない外国人観光客を選んで乗せ、通常料金の何倍もの料金を請求します。酔っていない限り、チェコ人に対しては乗車拒否します。プラハの行政と市警察が特別対策チームを設置し、合計約30名体制で調査を実施したり、エージェントを利用したりしていますが、未だにぼったくりは後を絶ちません。

ネットテレビstream.czのレポーターJanek Rubešが、大胆にもこうしたタクシードライバーに挑戦状をたたきつけ、ドキュメンタリー映画Prague vs Moneyに、ぼったくりタクシーの大胆不敵な行為を数多く収めました。すでに続編もいくつか出ています。

Janekはカメラマンと共に、一週間、市内中心部でタクシー50台の運行状況を収録しました。その中で、Janekはタクシーから降りたばかりの利用客(常に外国人観光客)と出会うたびに、料金について質問しました。すると、10人中9人がぼったくり被害に遭っていたのです。Pařížská通りから空港までの移動で、2,000 CZKも支払った外国人観光客もいました。

 

プラハの行政と市警察による調査

行政のタクシー特別対策チームも調査を実施しています。行政のスポークスマンPetra Hrubáは、Pravo Dailyに「2014年に合計1,346件の調査を行い、59件の過剰請求を摘発しました。最も被害額の大きかったケースでは、正規料金の約4倍もの料金が請求されていました」と結果をコメントしています。調査官は6名います。

プラハ市警察にも、特別対策チームがあります。昨年、チームメンバー24名は、行政よりもやや高い成果を上げました。プラハ市警察のスポークスマンIrena Seifertováによると、「市警察のタクシー特別対策チームは、2014年に13,000件以上の調査を行い、2,062件の過剰請求を摘発しました」と言います。

利用客1人あたりの詐欺の被害回数は不明です。また、こうした数字は、プラハ市内のタクシー総台数と照らし合わせて考える必要があります。プラハには、登録タクシードライバーが約5,700名います。

 

ぼったくりタクシーは待機している

プラハ市長や市議会員、特別チームによるこうした対策にもかからわず、プラハには、未だにぼったくりタクシーが100台存在します。

レポーターJanek Rubešは、Pravo Dailyに対し以下のように述べています。「ぼったくりタクシーを見分けるのは簡単ではありません。見分ける方法があるとしたら、こうしたタクシーは停車し続けているということくらいでしょう。Pařížská通りやKarlova通りの角、市庁舎付近、ヴァーツラフ広場に停車しています。通常のタクシーとの違いは、ただそこに停車しているという点です。通常のタクシーは、200 CZKを稼ぐために、1時間あたり4回移動しているのに対し、ぼったくりタクシーは、待機し続けた後、たった1回の移動で1,000 CZK以上稼いでいます。ぼったくりタクシーは、通常の車両なら2分以内でレッカーされてしまうような所に停車していますが、ドキュメンタリー映像の中にもあるように、市警察は手を出せないか、何とかしようとさえしないのです」

 

挨拶関心欠落

ドキュメンタリー映画の最後のエピソードでは、Pařížská通りの角で、市の警察官がぼったくりタクシードライバーに対し、挨拶だけして立ち去っていく様子が映し出されています。

その後、その警察官は、ブルーゾーンに停車中の普通車に対して罰金を科しましたが、障害者専用駐車場や道路保守サービス(TSK)用の駐車場に停車しているタクシー4台には、何もしませんでした。一方、特別対策チームの警察官は、行く先々でこうしたタクシーに対し移動を命じていました。

 

ぼったくりタクシーに関するプラハ市長の最近の表明

「私および首都プラハの管理当局は、この状況を十分認識しており、改善に向けて、法の許す限りにおいて最善を尽くしています。Stream TVのレポートを見るまでもなく、事態は重々承知しています。また、こうしたレポートは常に事実を伝えているとは限りません。Stream TVのレポーターとは違い、私たちは、合法的な手段でこうしたタクシードライバーの違法行為を証明しなければならないのです」と、市長Adriana Krnáčová(ANO)は、プラハ行政のウェブサイトで記しています。

PAT

Check Also

プラハでの外食に関するアドバイス

プラハの魅力の大きな部分は、街の古い曲がりくねった地域を建物に驚いたり、人々を見たり、よさげなレストランのにおいをかいだりしながら目的も無く歩くとはっきり理解できます。ここでは非常に安い値段ですばらしい食事が出来、また同時に非常に高い値段の場所もあります。ウィーンで標準的な食事に払う値段でここプラハでは賢くレストランを選べば宴会が出来ます。 特別お値打ちの食事は昼食時間 (11:30 -14:30 ) に今日の特別メニューとして出されています。 ほとんどのレストランで特別メニューが出されており、その多くは地元ビジネスマン/ ビジネスウーマンを ターゲットにしています。  メニューはビジネスランチメニューと呼ばれることもあります。 観光客が行くところには必ず値段の高いレストラン特に旧市街広場の周辺に存在します。折角苦労して稼いだ金です。全く同一の食事に高い料金を払うよりツーリストのエリアから数分歩いて他の場所を探すことをお勧めします。チェコ伝統の肉&芋と同時にファッショナブルで経費効果の良いバーや数々の洗練されたエスニックの店が見つかることでしょう。雰囲気のオプションとしては暗い伝統的なチェコのビアホールから、貫禄的なアートヌーボーのディナー、モダンでトレンディーなカフェなどがあります。 詐欺にご注意ください。多くのレストランでは彼らの出す食事に対してよりも経験少ないビジター(地元の人でも)をだますことに努力しています。ビジターに対して彼らが払った金額よりも低い価値の食事を出したり「特注」と記載して注文していない分を請求したり、おつりの払い戻しを少なくしたりします。チェコ語を少しでも話す努力をして最高のサービスを受けるようにしましょう。明確な値段がないメニューは断りましょう。ウェイターが値段に上乗せしないか気をつけましょう。会計する際は請求書にある1つ1つの項目をちゃんと確認しましょう。サービス料が加算されていることもあり、その場合はチップを残す必要はありません。税金は常に料金に含まれているため、後で加算されることはありません。 ATMからおろした現金で飲食費を払う癖をつけましょう。どうしても必要な場合以外は大きな額の紙幣は使わないようにし、常におつりを確認しましょう。クレジットカードで支払う場合は、カードから必ず目を離さないようにしてください。