Home / 交通 / プラハメイントレインステーション (Hlavní nádraží)

プラハメイントレインステーション (Hlavní nádraží)

プラハのメインステーションは死にゆくハブスブルグ帝国の最後の建築的全盛の一つです。ヨゼフファンタ(Josef Fanta)により設計され1909年にフランツヨゼフバーンホフ(Franz-JosefsBahnhof)として正式に開設されました。その後ウィルソン駅(Wilson Station)と改名され今日では一般にメインステーションと呼ばれています。1972年から1979年の間に駅は地下鉄駅とターミナルの屋根を走る主道路を含む新ターミナルビルが増設されました。

プラハメイントレインステーション

もしここを素早く通っただけやここにメトロで到着したのなら主に高尚なドーム、ステンドグラスの窓そしてプラハを「市の母」として表している女性の顔面像等の駅に残るアートヌーボーの部分を容易に見逃してしまいます。上階のFantovaKavárna (Café)の隣のオリジナルの出入り口にはその錬鉄製のキャノピーと塔の側面に付いている裸像が今も帝国のコンフィデンスをにじみ出しています。

駅はヴァーツラフ広場からたった徒歩5分と便利の良い所にあり、メトロのCラインで市の他の場所に接続されています。メインステーションはプラハ空港とも日中30分毎に出発するエクスプレスバスで接続されています(移動時間25分から40分)。ターミナルの外にはタクシースタンドがあります。残念なことですが水増し料金を請求される可能性が高いためトレインステーションの周りにいるタクシーを使うことはお勧めしません。その代り、信頼できる会社の一つに電話するかプラハエアポートトランスファーズ(Prague Airport Transfersでタクシーを事前予約しましょう。

近年、2010年から2011年にかけてイタリアの会社GrandiStazioni によりプラハのメインステーション(Hlavní nádraží)は以前のプラハの影の部分の「汚い」イメージから西洋標準に全改装され近代化されました。駅自体は数階に分けられます。駅に期待する24時間営業の荷物預けカウンターや大型荷物用自動ロッカーなどのすべての施設が整っています。また換金オフィス、ATM、観光とトレインインフォメーションデスク、ファーストフード売店、レストラン(バーガーキングなど)、コーヒーショップや小売店などもあります。

安全のこつ: 深夜の到着は避ける – 駅は12:40amから3:40 am まで閉まり駅周辺はスリや酔っ払いを引き寄せ旅行者への暴行も報告されています。

旧市街に行くには、地下鉄ラインCでMuzeumまで行ってラインAに乗り換え、Staroměstskáで下車してください。

プラハ城に行くには、地下鉄ラインCでMuzeumまで行ってラインAに乗り換え、HradčanskáまたはMalostranskáで下車してください。

ヴァーツラフ広場までは徒歩5分で行けます(それほど遠くありません)。

Hlavní nádraží 主要鉄道駅

予約と発券

Czech railway ウェブサイトでチェコ共和国内とEUの選択された目的地へのチケットを旅行60日前までオンライン購入することができます。 またプラハ内やチェコ共和国内どこの駅でも購入できます。プラハメイントレインステーションではチケットカウンターは地下にあります。ほとんどの地元の人は事前予約をしませんが通常旅行当日までほとんどの目的地へのチケットが購入できます。もし急いでいるなら車掌からチケットを購入することもできますが追加料金を払うことになります。 www.cd.cz

 

[mappress mapid=”53″]
PAT

Check Also

プラハのタクシーサービス

プラハはその美しさで非常に人気のある観光地ですが、同時に市で営業する不正直なタクシードライバーのおかげで観光者に見える人なら誰にでも法外な料金を請求することでも有名です。これには偽のひげを付けてうまく観光客に変装した市長Pavel Bemのおとり捜査も含まれています。