Home / アドバイス / 夏にプラハを訪れる理由

夏にプラハを訪れる理由

夏にプラハを訪れて間違いはありませんが、人と関わるのがお好きな方ならなおさらです。人で溢れているからです。夏のカレル橋は芋洗いの様相です。両端から橋に足を踏み入れる大勢の人びとが、中央部分で押し合いへし合いしています。小さな狭い通りはどこも継ぎ目部分で膨らんでいます。世界中からやって来たあらゆるタイプの楽しそうな人びとが、地図に顔を埋め、肩にはカメラを背負いながら歩き回っているのが見えます。ほとんどの人が上機嫌で、今いる場所を楽しんでいます。

古い城や教会が暑い日差しを涼やかに遮ってくれます。街中にベンチが置かれ、ただ座って人びとが行き交うのを見ていることもできます。芝生や公園、そして王様の庭園でも、ちょっと横になって、石畳で疲れた脚を休ませることができます。低い丘を城の方へ歩いて登り、ちょっとした草地を見つけ、両腕を頭の後ろに回して横たわって街全体を見渡すのは夏の日に限ります。

それから、ビールを忘れてはいけません。世界中のたいていのビールは炭酸がきついのに比べ、チェコのビールはさほどでもないため、滑らかな飲み心地です。額にちょっと汗をかいた時は、冷たく冷えたグラスを手に持ってビールをお口の中に流し込み、食道を通って体の中から冷やすのは、何物にも代えがたい一時です。深く腰掛け、太陽の光が照らし、音楽に耳を傾けて思いを巡らしながらピルスナーを飲む。夏のプラハに勝るものはありません。

夏の間中、音楽ショーやオペラ、フェスティバル、川辺でのボート乗り、川岸のビーチ、庭やレストランのパティオをお楽しみいただけます。これまでも毎年、毎年、夏を祝ってきた古の建物に囲まれてパーティタイムをどうぞ。

PAT

Check Also

税金の返還,該当法律

欧州連合加盟国外からの観光客は、税込み2000コルナ以上の商品にかかった付加価値税(VAT)の返還を要求することができます。そのためには国境で、買ったお店の印が入った領収書と商品の持ち出しに関する申告用紙を税関に提出して、商品が確実に国外へ持ち出されることを提示しなければなりません。現金は、直接買ったお店(チェコ共和国に再び戻ってきた場合)、または返還代理業者(国際空港や国境付近にある)で返還されます。