Home / アトラクション / ペトシーンの丘

ペトシーンの丘

プラハ城から石を投げて届く距離の所にペトシーンの丘があります。観光者の雑踏から離れた夏の散歩には完璧の場所です。土地の一部はリンゴとナシ農園の為に分けてあり果物は樹から自由に取ることができます。プラハの主要な景色である建物に使われている石のほとんどはペトシーンから運び出されたものですが今日木と庭に覆われているために気づくことはありません。展望塔と刈り込まれた庭が頂上のほとんどを占有しており、丘の途中には食事をしながらプラハの完璧な景色を楽しめる有名なレストランVinárna Nebozízek があります。新しくまた様々な自己のための鏡の間をお忘れなく。ペトシーンの丘の迷路。当初は1891年の万国博覧会でチェコの観光クラブのパビリオンでしたが後にペトシーンの丘に移転され鏡の迷路に転換されました。子供に人気の場所です。

ペトシーンの丘
ペトシーンの丘は、プラハで最も高い丘陵です。 ペトシーンはその公園が有名で、デートスポットとなっています。

丘の高さは318メートル(1043フィート)。そんなにエネルギッシュでない方にはケーブルカーが登る面倒を除いてくれます(通常のトラムチケット料金)。ペトシーンの丘はまたフラドチャニ(Hradcany )やストラホヴ(Strahov )からも容易に行くことができます。

 

ペトシーンの丘へのケーブルカー

レッサータウンのトラムUjezd駅(トラム12番、22番、23番)のちょうど反対側。ケーブルカーは毎日9 a.m から 11:30 p.m(11月から3月迄は11:20 p.m)まで営業 しており10分から15分おきに出ています。

かわいらしいビクトリア調のケーブルカーはプラハの最も人気のあるスポットの一つです。オリジナルのUjezd 駅とオリジナルのLanova Draha は1891年にぺトシーンの監視塔と同じ博覧会の為に建てられました。以来何度も改装されました。この最後の復旧は驚くことに共産主義が終わる以前のことで再度におよぶシステム全体の崩壊のために必要とされた数々の復旧の中で最も成功したものの一つです。

 

ぺトシーン公園

中世のブドウ畑と広場。数々の湧水がぺトシーンの坂に湧き上げ、それおぞれトンネルを通してその水をPohořelec とレッサータウンへと導いていました。現在水はヴルタヴァ川へと流されています。1930年代に公園は改造され現在のロブコヴィッツガーデン(Lobkowicz Garden )、Nebozízek 、バラ公園(Rose Park )、ペトシーン展望塔公園(Look-out Petřín Tower )とセミナリーガーデン(Seminary Garden )を含む物になりました。ロブコヴィッツガーデン(Lobkowicz Garden )を除くすべてのガーデンは無料で一般公開しています。

 

ペトシーン展望塔

パリのエッフェル塔のコピーとしてジュビリー博覧会の為に1891年F. Prášil によって建築された高さ60メートルの錬鉄塔。上のプラットフォームまで299段あります。

 

迷路 (鏡の迷路)

誰でも楽しめます。ペトシーンの丘に位置しています。ジュビリー博覧会の為に1891年に建てられたパビリオンで後にペトシーンに移転されました。1678年のカレル橋でのスウェーデン人との学生の争いを記念するジオラマ写真と後に建てられた鏡の迷路があります。

 

Nebozízek Restaurant

料理はそんなにすごいわけではありませんがテラスからの景色は最高です。レストランは満席なことも多いので予約した方が良いでしょう。 Petřínské sady, Malá Strana t. (ケーブルカーで行く場合は2つ目のストップです)

 

Vrtba Garden

Vrtba Garden はぺトシーンの丘の斜面に位置しておりプラハの最も貴重で美しいバロック調ガーデンの一つです。

 

[mappress mapid=”32″]

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。