Home / アトラクション / 旧ユダヤ人地区ヨゼホフ

旧ユダヤ人地区ヨゼホフ

ユダヤ人地区は旧市街広場とヴルタヴァ川の間にある小さな地域でヨゼホフ(改正によりユダヤ人の生活を楽にした皇帝ヨーゼフ2世にちなんで名付けられました。ユダヤ人地区にはプラハの旧ユダヤゲットーの残りがあります)として知られています。街の一部と同意語の2つの像があります。フランツ カフカ(Franz Kafka)(1883年-1924年)とラビ・ロー(Rabi Löw)としても知られるイェフダ・ベン・ベザレル(Jehuda ben Bezalel)作の神秘的なホムンクルス ゴーレムです。ほとんどは一日で歩き回ることができますがより詳しく探索するにはもっと時間が必要です。ユダヤ人墓地、旧新シナゴーグ、クラウスシナゴーグ、そしてピンカスシナゴーグは必見の場所です。ほとんどの場所で200CZK以上の入場料が必要になります。もしくは全ての場所を抱合するチケットを500CZKで購入してください。

旧ユダヤ人地区ヨゼホフ

プラハのゲットー

7つのシナゴーグがあります。 – 旧居留地の名残、ユダヤ人街市庁舎そして旧ユダヤ人墓地、ヨーロッパで最も注目すべきものです。推奨:土曜日は安息日に当たるためこの地区の観光には土曜日は避けましょう。

クラウスシナゴーグ(Klaus Synagogue) – 1680年、ユダヤ人の伝統と習慣

スペインシナゴーグ(The Spanish Synagogue) – 解放から現在までのユダヤ人の歴史

ピンカスシナゴーグ(Pinkas Synagogue) – ドイツ国家主義の犠牲者の記念碑として1475年に設立

マイゼルシナゴーグ(Maisel Synagogue) – ボヘミアとモラビアでのユダヤの歴史

旧儀式の家(Former Ceremonial Hall) – ユダヤ人の伝統と習慣 (特徴的な緑の尖塔を持つバロック建築)

ジュビリーシナゴーグ(Jubilee Synagogue) – プラハで最も新しく最大のシナゴーグ

旧ユダヤ人墓地(The Old Jewish Cemetery) – ラビ・ローの墓

旧新シナゴーグ(The Old-New Synagogue) – 13世紀のゴシック前期 (ヨーロッパ最古のシナゴーグ)

 

フランツ・カフカ(Franz Kafka) -フランツ・カフカ抜きではチェコ文学を語ることはできません。プラハに在住した著名作家で 近代クラシックの「The Trial and The Castle」やその他の作者です。カフカはドイツ語を話すユダヤ人であったにもかかわらず、チェコ人著者の中で最も街に関連した人でした。カフカの生家は旧市街広場のすぐのところで、彼の短い生涯においてどの方角においても数百メートル以上離れたのはかぞえるぐらいしかありません。

 

[mappress mapid=”27″]
PAT

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。