Home / クォーター

クォーター

旧市街

Old Town(旧市街) (Staré Město) の建設は1230年以降2世紀から3世紀ほどかけた市街の建物の強化で完了しました。メインのプラハマーケット周辺にはロマンスやドイツ、ユダヤに起源する商人が移住しました。13世紀末のMajor Town(当時はメジャー・タウンと呼ばれていました)の完成は、法の統合努力であり、そのサイズと経済的進歩の意味ではヨーロッパ最大の町でありました。

Read More »

フラッドチャニと城

Hradčany(フラッドチャニ)はプラハの第3の町で、13世紀初期に Dube(デュベ)からの王宮伯爵Berkaが設立しました。当時すでにプラハ城(ロイヤルキャッスルと呼ばれていた)が存在しておりフラッドチャニやプラハだけでなくボヘミア全体を歴史的政治および文化で支配していて、何世紀にもわたり中央ヨーロッパ全体にその重要性を反映していました。

Read More »

レッサー・タウン(Mala Strana)

Little Quarter(小広場) (レッサー・タウンもしくは Malá Strana(マラ・ストラナ)),は当初プラハの新市街と呼ばれており、後にプラハのマイナータウンと呼ばれるようになりました。1257年Přemysl Otakar II王によって建設されたものです。

Read More »

ヨゼホフ(Josefov)

旧ユダヤ人地区であるJosefov(ヨゼホフ)はユダヤ人商人や換金商の移民から成り立ちました。これらの人々はSlovanský ostrov (Slavic Island) の北端、ヴルタヴァ川の昔の浅瀬に近接しており、この地域は現在国立劇場の逆側からヴルタヴァ川の当初の川岸にある Kaprova ストリートにまで広がっています。中世紀の反ユダヤ主義のため、タウンは1848年には総計7つにおよぶゲート付きの強固な城壁が備え付けられていました。

Read More »

新市街(The New Town)

New Town (新市街)(Nové Město) は1348年皇帝シャルル4世によって設立されました。これはプラハで最も大規模な都市計画条例の一つで、世界でも特有なものの一つです。

Read More »

Vyšehrad(ヴィシェフラット)

Vysehrad (ヴィシェフラット)は10世紀、プラハ城(Prazsky hrad) 建設よりは明らかに遅い時期に設立されており、何世紀にもわたりプラハ城より劣る位置に存在しています。これは当初王子であり、後に最初のチェコ王となったVratislav IIが居住していた1061年から1092年間を除いて特に真実で、彼は城を再建築し、石造りとし、そこに教会の参事会を設定しました。

Read More »

ヴィノフラディ

ヴィノフラディは、プラハ2の行政・自治体の中心地で、市内中心部からもわりと近くに位置します。周辺にはプラハ歴史地区の主要鉄道駅があります。

Read More »

スミーホフ地区およびアンデル地区

スミーホフ地区はプラハの住宅街および工業地域で、ショッピングモール、醸造所、工業用建築、映画館がある他、雰囲気の良いレストランやバーが立ち並び、夜も楽しめます。ヴルタヴァ川の西岸に位置し、ビール好きにはたまらないスタロプラメン醸造所もあります。

Read More »

ジシュカ

この地区は、フス軍のリーダー、ヤン・ジシュカを称え名付けられました。ジシュカの丘の南部にあり、1420年7月14日に起きたヴィトコフの丘の戦いの舞台です。この戦いでは、農民により結成されたジシュカ軍が、神聖ローマ皇帝ジギスムント率いる軍を徹底的に打ち負かしました。ヴィトコフの丘には、馬に乗ったヤン・ジシュカの巨大な像があります。

Read More »

カーリン

北にヴルタヴァ川やホレショヴィチェ、南にはジシュカやヴィトコブ丘があり、西にニュータウン、東にはリベニがあります。

Read More »

ブジェヴノフとビーラー・ホラ

プラハ城の西と北東に、かつて森林地帯で後に農業地帯になった地区が広がっています。最初に入植が始まったのは、フラッチャニの西にあるブジェヴノフで、993年に聖アダルベルト司教が、ここにボヘミア最古のベネディクト会修道院を設立しました。現在も原型が残っているのは、11世紀に造られた印象的なロマネスク様式の地下室のみで、修道院の大部分は18世紀初頭にバロック様式に改装されました。聖マーガレット教会(klášterní kostel sv. Markéty)と修道院複合体全体に、数多くのバロック美術が残されています。ブジェヴノフ西部には禁猟区跡があります。Hvězda禁猟区は、フェルディナンド1世により設立され(1534年)、19世紀初頭まで野生動物が保護されていましたが、その後、公園になりました。現在のHvězda(星型の夏の宮殿)の形は、この禁猟区の名前に由来していて、1555年にチロル大公フェルディナント2世により設計され、実際に上から見ると六芒星の形をしています。 ブジェヴノフからそれほど離れていないところに、ビーラー・ホラ(白山)があります。ここは、多くのチェコの人々にとって悲劇のシンボルで、記念碑が、1620年11月8日に、裕福な皇帝のカトリック傭兵部隊と貧しいチェコのプロテスタント傭兵が衝突した場所を物語っています。混乱、無秩序、醜い殺戮がプロ軍隊の代名詞になり、以降300年間、チェコの国土はハプスブルク領の一部でした。ここに入植した上流階級の人々や大半のチェコ貴族、最も裕福な人々、有名な「民族の教師」の著者ヤン・アーモス・コメンスキー(コメニウス)をはじめとする著名人がこの地を去りました。当時、ボヘミア住民の90%がプロテスタントで、カトリックへの改宗を拒むと、この地から追放されたり財産を没収されたりしました。三十年政争の終わりまでには、ボヘミア王国の人口が半分になりましたが、白山は、カトリック教徒の巡礼地になりました。18世紀初頭にここに聖母マリア大聖堂(聖母教会)が建築され、K. D. AsamやV. V. Reinerのフレスコ画が数多く飾られています。

Read More »

ホレショビツェ地区

ヴルタヴァ川がちょうどU字型にカーブする地点に位置するこの地区に、次々と建物が建てられたのは、19世紀後半のことです。それまでは何世紀もの間、畑や牧草地が広がっていました。今もなお、ホレショビツェ地区には、緑に包まれた広大な公園が2ヶ所あります。市内中心部を見渡せるレトナー公園と、その北側には、移動遊園地や見本市会場が隣接するプラハ最大の公園ストロモフカがあります。

Read More »