Home / レストラン / チェコビール

チェコビール

チェコビールチェコビールは世界的に有名でまたチェコ人自身にも非常に楽しまれています。 何世紀にもわたりチェコビールは最高級品でした。 チェコビール特有の風味は手摘みのボヘミアホップから来ています。 チェコ共和国はドイツを抜いて世界最大ビール消費国(一人当たり年間153.6リットル)です。 それは成人全員が1日当たり平均1リットル飲んでいることを意味します。 プラハで生産されるビールの主なタイプはラガーでピルズナー・ウルケル(Pilsner Urquell)やブドヴァル(ブドヴァイゼル)(Budvar (Budweis))がよく知られています。 名前で誤解しないでください-アメリカビールのバドワイザー(Budweiser)とチェコ醸造のブドヴァル(Budvar)に共通点はありません。 人気のあるチェコブランドはガンブリヌス(Gambrinus)、スタロプラメン(Staropramen)、クルショヴツェ(Krusovice)、ラデガスト(Radegast)、ヴェルコポポヴィツキー・コゼル(Velkopopovicky Kozel)などがあります。 それぞれ特有の味の地元ブランドを試飲したいならFlek(黒ビール)を製造しているノヴォムニェストスキー・ピヴォヴァル(NovoMestsky Pivovar)のような小規模の醸造所を訪ねてみてください。 他のダークエールスタイルのビールはオストラヴァ(Ostrava)にあるプラハの醸造所で製造されているヴェルヴェット(Velvet)があります。 ギネス(Guinness)がお好きならケルト(Kelt)というチェコビールを試してみてください。 醸造所のほかに20以上のレストランがそれぞれ地ビールを造っておりあなた自身で醸造工程を見ることができます。 最も有名なのは1499年よりビールを醸造しているウ・フレクー(U Fleku)でしょう。ビールは小さいビール(0.3リットル)を頼まない限り、通常0.5リットルのグラスで出てきます。 チェコ人は通常ライトビールを好みますが、多くのパブでより甘いダークやミックスビールを注文することもできます。

 

アルコール含有量

生ビールに出会うことが多いと思われます。これは一般的に”desítka” (テン)と呼ばれ、最高4%のアルコールを含みます。また ラガータイプの”dvanáctka” (トゥエルヴ)と呼ばれるビールは約5.5%のアルコール含有量があります。  たまに特別なビールでアルコール含有量がより高いものもあります。

 

チェコのパブの雰囲気

シミの付いたテーブルクロスや無愛想なサーバー、怪しい人ごみが煙たいパブで飲んでいる。 0.5リットルのマグで半ダース以下は気にもかけられず、もし10杯以上飲んで歩いて出れるならあなたのプライドは無傷です。

PAT

Check Also

お勧めレストラン

Céleste ここはプラハのベストフランス料理店の一つでプラハの最も有名な近代的目印「ダンシング ビルディング(Dancing House)の最上階に位置しています。 ダイニングルーム内からとルーフトップのテラスからの両方から市の素晴らしい景色が見渡せます。 上昇志向の人々に人気があります。 レッドスナッパーのア・ラ・プロバンス、牛のテンダーロインのステーキのべアルネーズソース添え、若ウサギのマスタードソース漬けなどがお勧めです。場所: DancingHouse(Taneční Dům), Rašínovo nábřeží 80, Prague 2; 営業: 月曜-金曜 正午-2pmと7.30-10.30pm(月曜はランチ無) …