歴史

第二次世界大戦とその後

1938年、ヒトラーがチェコスロバキアのドイツ語圏の人々の自決を命じたことで、多数派のスロバキア人、チェコ人と少数派のドイツ人との間に緊張が高まり、チェコスロバキアのドイツ語圏の人々の自決が実現した。 ヒトラーをなだめるために、フランスとイギリスは国境地帯を放棄した。 1939年3月、ヒトラーはスロバキアの民族主義者を説得して撤退させ、ファシストに近い表向きの独立国「スロバキア国」を形成した後、残りの地域を「ボヘミアモラビア保護領」、つまり大ドイツに変貌させたのだ。 1945年5月、ロシア軍がこの街を解放するまで、6年間もの長い間、暴力的な支配が続いた。

1946年の国会議員選挙では、共産党は40%近い得票率を獲得した。 戦前の非共産主義者であるエドヴァルド・ベネシュが再選され、共産主義者のベテラン指導者クレメント・ゴットバルトに連立政権を作るよう依頼した。 1948年には、彼の政策に抗議して、多くの非共産主義者の政治家が辞職している。 この時、ゴットバルトは政府を自分の支持者で埋め尽くした。 非共産主義者で人望の厚い外相ヤン・マサリク(トマーシュの息子)が、外務省の執務室の窓の下で死んでいるのが発見されると、脱走の犠牲者ではないかという噂が流れた。

新しい支配者となったゴットバルトは、5年間の経済計画を立て、聖職者を弾圧し、党内外の反対者を排除し、多くの人が殺され、1000人が逮捕された。 アントニン・ノヴォトニーのもとでショートライアルが行われ、農民は集落に押し込められた。

1968年の「プラハの春」は短命であった。 アレクサンドル・ドゥブチェク(スロバキア人)を中心とする改革派共産主義者たちが、体制を変えて「人間の顔をした」社会主義国家を生み出そうとしたのである。 しかし、これは成功せず、8月中、ソ連軍の戦車が国中を駆け巡り、阻止された。 その後20年間は、強硬派の共産党が政権を握り、低品質とはいえ消費財を店頭に並べ、国民を買収していた。 劇作家のヴァーツラフ・ハベルをはじめとする数少ない反体制派は、日常的に迫害と嫌がらせを受けていた。

関連記事

また読む
Close
Back to top button