言葉の問題を克服

言葉の問題を克服多くの人々がチェコ共和国内の言葉の問題を懸念しますが、他のどのヨーロッパの国々とも変わりません。実際、スペインやイタリアの都市内で会話を試みるよりチェコの殆どの都市内での会話の方が容易です。1989年鉄のカーテンが崩壊した時代、国内に英語を話す人々は多くいませんでした。しかしそれは過去のこと。現在では観光業界で働くほとんどのチェコ人と、若いチェコ人のほぼ全員が英語で話します。

しかし他の英語を母国語としない国々とは異なり全員が英語を話すわけではないためコミュニケーションに支障をきたす場合があります。これは店員やカスタマーサービスで働く40歳代以上の人々の場合に多く当てはまります。人々が貴方のことを理解するとは期待しないで下さい。もし理解されていない場合、他の手段を使って意思疎通を図ってみてください。例えば鉄道のチケットを購入したいなら行き先や時間を紙にペンで書いてみたりすることです。もしドイツ語を少し話せるなら、特に南部ではオーストリア人の観光客が多いため重宝することでしょう。

チェコ語はスラブ語の一部であるためスロバキアやポーランド、そして他の国々と深く関連しています。スラブ語の最も難しい点は言葉の発音にあります。実際、東ヨーロッパを訪れた最初のキリスト教伝道師Cyril(シリル)とMethodius(メトディオス)はそのように発音すると教えられ、彼らは異なるスラブ語の音を加えた全く新しいアルファベットを作り出しました。それはシリルアルファベットと呼ばれ、今でもセルビアやロシアなど使われています。

チェコ共和国は現在シリルアルファベットを使用しておらず、代わりに世界の多くの国々と同じようにローマ字を使っています。それでもいまだに多くの発音区別記号-文字や言葉の上に着く記号-が使われており、そのため多くの異なる音を作り出しています。陽音符(á, é, í, ó, ú, ý)は強調を表しているのではなく その母音を長引かせ、強調は変わりに第一音節になります。文字 cはいつも”ts” (“cats(キャッツ)”のツ) の音になります。 č、š、 žの上の上のアクセントマークはそれぞれ”ch”や “sh”、 “zh” (“leisure(レジャー)”のジャ) のような音になります。ě のような文字の上の小さなアクセントは “yeh”の音になります。”

チェコ語には世界中の他の言語にはない1つの音があります。またこれは文字 ř (例、”Dokořán”) のように表され、音は“zh”と回転させた“r”の中間のような音になります。もう一つの問題になりうる文字はň で、これはcanyon (キャニオン)の“ny”のような発音です。 うまく発音するのは困難なので、外国人の皆さんは“r”や“n”の音に置き換えても大丈夫です。

PAT

Check Also

税金の返還,該当法律

欧州連合加盟国外からの観光客は、税込み2000コルナ以上の商品にかかった付加価値税(VAT)の返還を要求することができます。そのためには国境で、買ったお店の印が入った領収書と商品の持ち出しに関する申告用紙を税関に提出して、商品が確実に国外へ持ち出されることを提示しなければなりません。現金は、直接買ったお店(チェコ共和国に再び戻ってきた場合)、または返還代理業者(国際空港や国境付近にある)で返還されます。