Home / クォーター / レッサー・タウン(Mala Strana)

レッサー・タウン(Mala Strana)

まるで絵のようなこの小地区は、プラハ城の眼下に位置し、様々な点において、市内で最も魅力的なエリアと言えます。丘や石畳の路地裏が多くあり、平和な雰囲気が漂うこの地区は、ほぼ昔のままです。閑静なテラスガーデンの全域と樹木が生い茂るペトシーンの丘を占め、カレル橋で旧市街地と結ばれています。

Little Quarter(小広場) (レッサー・タウンもしくは Malá Strana(マラ・ストラナ)),は当初プラハの新市街と呼ばれており、後にプラハのマイナータウンと呼ばれるようになりました。1257年Přemysl Otakar II王によって建設されたものです。しかし8世紀初期にはここにマーケットが移住していました。タウンの設立後、当初の移民は多くの外国市民からなる海外移住民によって取って代わられました。シャルル4世はプラハのマイナータウンを他の区画を足して拡大しましたが、タウンは他と異なり数々の大火に影響されることなく残ることができました。ヴルタヴァ側の右岸にあるタウンは経済や政治の依存性に関してはより後退的で、16世紀からの封建主義者や教会がこの都市の一部を現在の様相にした規則を発し、建築的なことに限らず、徐々にここに移住しだしました。この結果、この街の一部にWallenstein Palace(ヴァレンシュタイン宮殿)(Valdštejnský palác) とその庭園、St. Nicholas Cathedral (聖ニコラス大聖堂)(chrám sv. Mikuláše)、 Thun (テゥン)(Thunovský pálac )、Buquoy (Buquoysky)、Furstenberg (Furstenberský)、Hartig (Hartigovský)、Kaiserstein (Kaiserstejnský)、Kolowrat (Kolowratský), Lichtenstein (Lichtenštejnský)、Schonborn (Schonbornský)、 Lobkowicz Palaces(ロブコヴィツ宮殿) (Lobkovický palác) 等が含まれることとなり、一つのデスティネーションとしては多くの宮殿があることになります。これがまたこの街の一部に多くの大使たちが居住し、チェコ議会や政府は旧”Straka’s Academy(ストラカ・アカデミー)” (Strakova akademie)に位置する理由となりました。

 

レッサー・タウンへの行き方

メトロのAラインMalostranská 駅でレッサー・タウンへ行くことができます。これが最も中心部になる駅です。しかし城からの素晴らしい下り坂や旧市街地からカレハ橋を渡り、レッサーた・タウン広場へと続くMosteckáストリートを通過しての散歩より素晴らしい道のりはありません。もしくはNárodní třída (国立劇場の隣) からトラム22番を使って2つ目の停留場、ぺトシーンの丘へのぺトシーンケーブル鉄道の下で降りることも可能です。

 

Check Also

Vyšehrad(ヴィシェフラット)

Vysehrad (ヴィシェフラット)は10世紀、プラハ城(Prazsky hrad) 建設よりは明らかに遅い時期に設立されており、何世紀にもわたりプラハ城より劣る位置に存在しています。これは当初王子であり、後に最初のチェコ王となったVratislav IIが居住していた1061年から1092年間を除いて特に真実で、彼は城を再建築し、石造りとし、そこに教会の参事会を設定しました。