レストラン

チェコの精神

チェコの飲酒文化においてショットは真剣なことです。誰かとショットを飲み、一晩中その人とショットを交わすと、あなたは信頼に値するものとみなされ、生涯の友を得ることになります。これは勿論翌日彼らがあなたのことを判断できればですが。

Fernet - チェコの精神スパの町カルロヴィ・ヴァリの昔からのハーブからできている甘く黄色のリキュールBecherovkaはそのままでもしくはトニックと割って(「コンクリート(かけ)」として知られる)飲みます。

Fernet はビールとの相性がよく、Femet-Brancaによって影響を受けた地元のリキュールです。これもまたトニックと割って「バーバリアン・ビール」またはBavorsképivoとしていただきます。しかしこの飲み物にはビールは入っておらず、バイエルンでは知られていません。

忘却への最も安価なパスポートで、そのため地元アル中に好まれているのは ‘Tuzemský’ ラムです。この地元で生産されているラムはサトウキビではなく砂糖大根からできているため濃い茶色をしており、強い風味と甘さを持っています。お湯とレモンスライス、そして少量の砂糖を足せばそれはまさに冬の間のゆったりと心温まる混合飲料です。

Borovičkaはセイヨウネヅを用いたブランデーで、チェコよりもスロバキアにより関係していてオランダのジンと似ています。対して、 ‘Slivovice’ プラムブランデーは地元特産品のひとつで、ホームメードでなければなめらか、そして簡単に飲み干すことができます。

‘Slivovitz’ (スリボビッツまたはプラムブランデー)はもう一つの地元特産品で、発祥地である モラビアやスロバキアでより多く生産・消費されています。

貫録のアルコール度70プルーフを持つアブシンスは多くの国々で禁止されています。ニガヨモギで蒸留しますが、パリのお偉方を困らせるために使われていた種類のものに比べると少々少なめの(もちろん脳への影響も少なめ)木精の量です。緑色の透明の液体で、その味はアルコール風味のシャンプーのよう。伝統的な飲み方は、スプーン一杯の砂糖をアブシンスに浸し、スプーンの上の砂糖に火をつけキャラメルにします。火が消えるとスプーンの砂糖をグラスに入れて混ぜます。このあとは自分のはいている靴下にしがみついていること!

Zelenáは、たまにパブで人々が光るペッパーミントのリキュール(「グリーン」と呼ばれています)を交わし合っているのを目撃することでしょう。これはあまりおいしそうではありません。

関連記事

また読む
Close
Back to top button