クォーター

レトナ

ストロモフカは、北はヴルタヴァ川を境界とし、東はホレショビツェと隣接し、南には家々が帯状に立ち並び、その向こうにレトナ公園があります。レトナ公園の周辺には国立技術博物館があり、その豊富なコレクションで、クラシックカーやあらゆる時代の技術作品の愛好家たちを魅了しています。レトナ庭園はレトナ公園内にあり、プラハ城下のロイヤルガーデンの北にあるホトコヴィ・サディと直接繋がっています。1995年にホトコヴァ道路を渡る歩道橋が建築家Bořek Šípekにより再建築され、現在この2つの公園は繋がっています。プラハ城には、建築当初の特徴がかなり残っています。穏やかな公園、スポーツ用の敷地、ガーデンレストランの他、1891年のジュビリー展に向けて建てられ、1898年にここに移転されたアールヌーボー・ハナイスキー・パビリオンや、1958年に開催された有名なブリュッセル万国博覧会に向けて建築された美しいプラハの展望レストラン(Vyhlídková restaurace Praha)もあります。J. Hrubý, Z. PokornýとF. Cubrによって設計されたこのレストランは、当時の建築の傑作で、最近改装されました。

共産主義政権がレトナの地区計画に力を入れ、1950年代にレトナと旧市街を結ぶトンネルがレトナ公園内に建設され、その上にはスターリンとその共闘者たちの巨大像が建てられました。その完成直後、それまで評価されていた共産主義政権の卑劣な政策が明らかになり、建築同様に困難な解体作業が開始されました。結局のところ、共産主義政権さえも時代によって一掃されたのです。ビロード革命中には、ゼネラルストライキが行われて50万人がデモに参加し、これが古い共産主義政権を崩壊させる最後の一撃となりました。かつてスターリン像があった場所には、新しい時代を象徴するクロノメーターがあります。

関連記事

Back to top button