Home / アトラクション / カフカのプラハ

カフカのプラハ

カフカのプラハフランツ・カフカ(1883-1924)はその作品をドイツで執筆しましたが彼はチェコ首都出身者そのものでした。 彼は生涯プラハで暮らし、街に取り付きまた街に取り付かれ、嫌いまた必要としてました。 彼の小説「The Trial」は路地や通路の迷路が通常の外の道と中庭、公私、新旧、真実と想像の境目を無くす旧市街の形而上地理として見ることができます。

カフカは成長、通学、仕事、友達との出会いなど彼の生涯のほとんどを旧市街広場の近くで過ごし、彼は「この狭い円が私の生涯である」とい う言葉を残しています。 多くのガイドブックやウォーキングツアーが「カフカのプラハ」をお見せするとうたっていますが彼の作品を知ればそのような場所はカフカの頭の中にだけ存在することをすぐに知ることができます。 そのため一般的なウォーキングトレイルを説明するより執筆者の生活に関連した幾つもの場所を時系列にリストしました。皆さんはカフカ自身がそうしたであろうように、お好きなルートを探索してみてください。

 

プラハのフランツ・カフカに縁のある場所

カフカの生家

聖ニコラス教会(旧市街)の間横に位置するこのカフカの生家で、カフカが生まれました(U radnice 5, Old Town)。この頃、この辺りは当時のユダヤ人収容所の一端に位置し、非常に荒れていました。実際の家は焼け落ち、現在残っているのは見事な戸口のみです。家の側面にある飾り額には「1883年7月3日フランツ・カフカここに生まれる」と書かれています。夏期間中は地上階に小さなカフカカフェがオープンします。

プラハ城(ゴールデンレーン)

ゴールデンレーンを散策する際は、22番の家を訪れてください。ここでフランツ・カフカは短期間妹と暮らしていました。カフカの名著のいくつかは、妹が所有していたこの城壁に隔たれた石造りのコテージで生まれました。

カフカ博物館

この博物館では、フランツ・カフカの生涯と作品を写真、原稿、カフカの作品日記、オーディオ・ビジュアルショーで楽しめます。所在地: Hegertova cihelna, Cihelná 2、営業時間: 毎日午前10:00~午後6:00、www.kafkamuseum.cz

旧新シナゴーク

このシナゴークで、フランツ・カフカのバミルツバーが行われました。メインホールの西壁には、モーセが受け取った十戒が刻まれた石版2枚を模倣したガラスケースがあります。ケースには小さな電球が多数あり、人々の命日を照らしています。そのひとつはフランツ・カフカに捧げられています。

ヴァーツラフ広場

フランツ・カフカは、Jindřišskáの角の旧保険事務所で、1906~1907年の間、事務員として勤務していました。

旧市街広場

この地は、カフェやレストラン、美しい建造物が立ち並んでいるだけではありません。フランツ・カフカが長年過ごしていたのも、ここと周辺の街角です。1890年代、カフカは広場の向かい側にある鮮やかなピンク色のキンスキー宮殿で、ドイツ語の文法を習っていました。当初、カフカは天文時計の間横にあるOld Town Square no.2の家(ルネサンス様式の住宅「U Minuty」)に住んでいましたが、晩年、結核を患い家族と共にOld Town Square no.5の家に移りました。人気のカフカ記念碑は、Old Town Square no.17にあります。ここは、社交界の名士ベルタ・ファンタのかつての家で、ベルタは応接室で毎週サロンを開いていました。飾り額には「ここベルタ・ファンタ夫人のサロンで、1911~1912年にプラハ大学にて教授を務め、相対性理論の創始者でノーベル賞受賞者でもあるアルバート・アインシュタイン氏が、バイオリンを演奏し、著名な作家マックス・ブロートとフランツ・カフカと出会い友好を深めた。」と記されています。

カフェ・ルーブル

1900年初頭、フランツ・カフカはここで哲学について議論していました。所在地: Národní 20, Old Town

カフェ・フランツカフカ

このカフェはカフカとは何の所縁もありませんが、アップルシュトルーデルとコーヒーは絶品です。所在地: Široká 12, Josefov

カフェ・アルコ

20世紀初頭にドイツ系ユダヤ人の知的活動の場であったこのカフェの輝かしい面影は、今日ほとんどなく、主に警察官が集まるカフェテリアとなっています。その昔、ここはカフカの親友マックス・ブロードのお気に入りの集いの場でした。マックスが、カフカの死後の名声に最も関与していることは、ほぼ間違いありません。

新ユダヤ人墓地(Olšany墓地)

市内中心部から離れた所にあるこの墓地に、フランツ・カフカが眠っています。標識を辿ってセクター21に行くとカフカの墓標があり、父ヘルマンと母ジュリーと共にシンプルな白い墓石の下に埋葬されています。下にある刻板は、第二次世界大戦中にナチスの強制収容所で死亡したカフカの3姉妹に捧げられたものです。

Check Also

カレル橋

13世紀、カレル橋は常に旅行者と同様のチェコ人でいっぱいで春と夏の月々には特に込み合っています。カレル橋は市の最重要な旅行者アトラクションに位置付けられており見所のリストの中で一番最初に見るべきものです。