Home / 歴史 / 共産主義政体下のプラハ

共産主義政体下のプラハ

戦後チェコスロバキアは冷戦がはじまるまでベネシュ(Beneš)大統領により再度自由の国となりました。冷戦は多くのチェコスロバキアの人々に自分たちが共産主義のイデオロギーのモデルになろうという声が挙げさせました。残りの地域中にわたり流行し始めたもので、ほんの数年の間に1948年ベネシュがその地位から退き クレメント・ゴットワルト(Klement Gottwald)が大統領に着任して共産党が国を管理下に置くことを許すまで共産主義の声はさらに大きくなっていきました。

共産党に交代した時チェコスロバキアに住んでいたエスニックドイツ人の350万人は彼らの祖先が何代にもわたりチェコスロバキアに住んでいたという事実にも拘らずドイツに強制移動されました。これが起きた一つの地域、スデーテン山地(Sudetenland )はこの行為の政治的・社会的広がりは今日でもまだ感じられます。この行為の合法性や背後の道徳性について未だに数多く討議されています。

共産党は1948年から1989年の41年間にわたり権力をもっていました。この間国内の政治という意味では特に大きなことは起きませんでした。ほぼ全ての個人資産は政府によって取り上げられ、西ヨーロッパの多くで楽しまれている自由は一般チェコ市民から奪われてしまいました。国は恐怖のマニフェストを通じて管理され、人々は鉄拳を持つ権力者への反対意見を言うことを恐れました。

共産主義政体下のプラハ

長い支配時代の唯一の出来事はチェコの人々の心の中の希望を呼び起こす事件が1968年に起き、それはプラハの春の反乱( Prague Spring Uprising.)として知られています。これは社会主義に「人の顔」を与える為にアレキサンドル・デュプチェク(Alexander Dubček)大統領の呼びかけによっておきたもので、多くの人々がこのアイデアを支持して集会や抗議に参加する原因となりました。このすぐあとデュプチェクはモスクワを訪問する様に要求され、帰還した時には政策支援者たちの群を散らす為にロシアの戦車がプラハの道中を通りこの計画の全てのアイデアは取り止めやれました。これは又デュプチェクの権力からの解任につながり、1970年代から1980年代に入るまでこの国を統制したグスターフ・フサーク(Gustav Husák)に交代されました。

プラハの春の反乱の抑圧は反抗の公の顔の削除を意味していますがそれでも地下活動は続いていました。チャーター77(Charter 77 )と呼ばれるグループが結集され共産主義の倒壊まで政治システムをモニターしていました。

PAT

Check Also

近年のプラハ

ビロード革命そして共産主義の崩壊より20年以上の後、ヨーロッパ第一のツアリストデスティネーションとしてのプラハの人気は衰える趣がありません。以前のような旅行者用バーゲンでないにもかかわらず、チェコの首都のスリルある歴史、勇壮な建築物、そしてエンターテイメントの幅広さのコンビネーションは今まで以上に人々を引きつけて止みません。