Home / アドバイス / するべきこととしてはいけないこと

するべきこととしてはいけないこと

チェコ人が教養がないと感じる観光客の言動

家の中で靴を履く。チェコでは家の中で必ずスリッパを履きます!

大きなリュックを背負う。公共交通機関はリュックを背負うのに最適な場所ですか?背中から降ろしましょう。

降りる人を通さない。常に乗り物から出て降りる人を通しましょう。

座る人の優先順位を無視する。特に公共交通機関では、お年寄りや妊娠中の女性に席を譲りましょう。

歩道を塞いで歩く。狭い道をゆっくり歩いたり広がって歩いたりしないようにしましょう。

大声で話す。迷ったら、ただ叫ばないようにしましょう!

チェコ共和国を「東ヨーロッパ」や「チェコスロバキア」と呼ぶ。心の鉄のカーテンは今も奮闘中です。

「食事を楽しんでください」と言い忘れる。または全員の食事が並ぶ前に食べる。

テーブルマナーを無視する。肉を切った後にナイフとフォークを持ち替えるのはマナー違反です。

チェコ語を学ばない…誰もが英語を話せると思わないでください。

チェコを批判する。地元の人たちが人前で自国を批判することがありますが、それに加わらないでください!

「外国人」であることを忘れる。外国人として、チェコの文化や風習に習いましょう。

レストランを去る際は別れの挨拶をしましょう。

 

してはいけないこと

してはいけないこと

一般

・ いかなるソーシャルやビジネスの場面でもあなたの文化が一番であると思ってはいけません!多くの人々が後悔する間違いを起こしています(無意識にですが)。あなたのチェコ人ビジネスパートナやチェコ人の友人にあなたの経営理念や文化遺産を押しつけようとしないでください。代わりによく見て控え目に行いましょう。しかし引っ込み思案すぎず喜ばせようとばかりしないでください。

誰かの家で

・ 政治やビジネスについてあまり多く話さないこでください。社交的な場面では社交的なトピックに限られ、チェコ共和国内では遊びと仕事がはっきりと分かれています。

・ 汚さないチェコの家は通常小さく、整頓されています。屑をこぼしたりしないでください。また壁に寄り掛かると多くの家で使われている塗料はあなたの服に粉の痕を残すので気をつけてください。

レストランやパブで

・ あまりえり好みしないこと特別注文は一般的ではありません。 例えば料理のベジタリアンバージョンを注文しようと試みないでください。

 

するべきこと

一般

・ 控え目に。チェコでは謙虚さと慎み深さを尊重します。攻撃的、嘘飾や傲慢は見下されます。人々の行動パターンを知り注意して出来るだけまねるように努力してみてください。

・ できるだけチェコの文化と言語を学習してみてください。チェコ人からすると、あなたがチェコ文化への興味を示すとあなたを見る目が大きく変わります。

・ チェコのドライなユーモアや皮肉に理解を示して下さい。チェコ人はほとんどどんな状況においてもジョークを言い、これが時々不快を招く場合があります。そんなに敏感にならず軽い冷やかしに過剰反応しないでください。

・ チェコ人の同僚と同名の聖人の日や誕生日を忘れないでください。これらは共に重要な日とみなされます。またチェコ人が使う(セミ)作法を知っておいてください。これらの2つのイベントはカードもしくは粗品を贈ることを意味しています。最低でも一杯の酒をおごり、握手を交わして彼らの将来の幸運、多幸と健康を見舞うことを表現するべきです。

商業やビジネス取引

・ 名刺を準備しておいてください。チェコ人のパートナーは名刺を用意しているので必ず返礼してください。

・ ビジネスの場では丁寧な物腰を維持してください。あいさつに始まり別れる時の挨拶も必ず忘れないこと。この習慣は誰でも行っているものです。

誰かの家で

・ 家の中に入る前に靴を脱ぎたぶん勧められるスリッパに履き替えてください(ということは穴のあいた靴下を履かないこと!)。

・ あなたの家族や家の写真を持参しても大丈夫です。これは一般的な社交的会話の一つであなたのホストも彼らの写真を見せようとします。お互いに行うのは良いことです。

コンサート会場や劇場を訪れる際

・ 適切な衣装で。これはスーツやネクタイが必須という訳ではありませんが(多くの人がしていますが)、トレーナーやジーパンは間違いなく眉をひそめられますし、突発的な言動を招くことになりかねません。

レストランやパブで

・ 入った時に誰かにあいさつされない限り、座る場所は自分で探して下さい(通常高級な場所でしかホスト・ホステスはいません)。

・ 会計時(ウェイター・ウェイトレスが会計を持って来た時)にはウェイター・ウェイトレスにいくらチップとして加算したいのか忘れずに告げてください。チップはテーブルに残さないでください。

PAT

Check Also

税金の返還,該当法律

欧州連合加盟国外からの観光客は、税込み2000コルナ以上の商品にかかった付加価値税(VAT)の返還を要求することができます。そのためには国境で、買ったお店の印が入った領収書と商品の持ち出しに関する申告用紙を税関に提出して、商品が確実に国外へ持ち出されることを提示しなければなりません。現金は、直接買ったお店(チェコ共和国に再び戻ってきた場合)、または返還代理業者(国際空港や国境付近にある)で返還されます。