Home / ショッピング / 緑の妖精 – チェコのアブサン酒

緑の妖精 – チェコのアブサン酒

アブサンはスピリッツの代わりのトレンドセッターの選択肢としてプラハに戻ってきました。その色が通常緑のおかげで「緑の妖精」リキュールとして非常に有名です。アブサンは強い調合物(アルコール70%)でニガヨモギの風味があり19世紀終わりと20世紀の初めにはヨーロッパ中で大量に需要されていました。ハーブとニガヨモギを足すおかげでアブサンはツジョンと呼ばれる精神作用のある神経毒を含んでいます。一流のアーティスト、執筆家、当時のその他のいかがわしい道楽者等がその効能、鮮やかな緑色と儀式の準備に魅了されていました。しかしアブサンはまた失明や死等の厄介な副作用もあり、結果として法律により禁じられてしまいました。

チェコのアブサン酒

チェコのアブサン酒アブサンは1990年代にチェコ共和国で再び合法化されカルチャーアイコンの一つとなり数々のブランドで出回っています。ヨーロッパ連合のほとんどの国でツジョンが10mg未満であれば販売されています。

プラハのバーでは少量のアブサンに浸した砂糖をスプーンの上に載せそれに火を付けて出されます。そのスプーンはアブサンのグラス内で混ぜ水で薄めます(水とアブサン1対2の割合)。火やポリテクニックの使用は印象的ではありますがアブサンの伝統的な飲み方に関連していません。

有名なブランドは Hill’s Absinthe、 Staroplzenecky Absinthe、 Absinthe King of Spirits、 Red Absinthe (赤色)、 Absinthe Original、そしてLa Fee Absinthe等です。製造の主な伝統はフランスもしくはスイスのレシピによるものです。 チェコのアブサンのスペルは「absinth」で「e」を取り除いたものですが何の意味もありません。

ほとんどの土産屋や酒屋でアブサンを購入できます。お友達へのよいプレゼント・お土産になることでしょう。

Check Also

パジージュスカー通り(Parizska Street)

パジージュスカー通り(Pařížská Street)、究極のブルジョア通りはその立地のおかげで高級店、上品なカフェ、レストランやバーの密集する通りに常に属しています。この道は旧市街広場からヴルタヴァ川へとはしり、ユダヤ人地区を2分しておりプラハの五つ星ホテルから歩いてすぐの所にあります。