Home / クォーター / 旧市街

旧市街

プラハ中心部にある市内で最も人気の観光名所で、活気あふれるレストランやパブ、ショップが立ち並び、1日中、観光客で賑わっています。商業活動が盛んなのにもかかわらず、今でも小さな裏通りが数多く存在し、ヨーロッパの市街地ではあまり感じることのない、生活感が溢れています。旧市街地区の中心には、プラハ傑作のメイン広場であり、中央ヨーロッパで最も壮大な旧市街広場があります。プラハ観光の際は、ぜひ足を運んでみてください。

Old Town(旧市街) (Staré Město) の建設は1230年以降2世紀から3世紀ほどかけた市街の建物の強化で完了しました。メインのプラハマーケット周辺にはロマンスやドイツ、ユダヤに起源する商人が移住しました。13世紀末のMajor Town(当時はメジャー・タウンと呼ばれていました)の完成は、法の統合努力であり、そのサイズと経済的進歩の意味ではヨーロッパ最大の町でありました。旧市街を囲む新市街の設立後、旧市街のプラハの町に対する経済および政治的な優位は少しずつ減少し始めました。しかしこの減少はあまりにもゆっくりで、かつ伝統はあまりにも強固であったっため、1784年、プラハの統合で旧市庁舎は全プラハ行政の議席となりました。

現在に至るまで旧市街はプラハの自然的な中心地としてみなされており、また旧市街広場(Staromestske namesti)は街の中心地としてみなされています。しかし昔の人々に制限されていたこと、旧市街に住む人々に対する不可能な建設的に拡大することが現在の建築学の目からすると数え切れないほどの価値となり、それは旧市街の天文時計(Staromestsky orloj)、Church of Virgin Mary before Tyn(ティーン聖母教会)、Powder Gate(火薬塔)、Bethlehem Chapel(ベスレヘム・チャペル)など歴史的建造物が証明しています。その中でも比類なき保存の、中世期に建設された旧市街全体は群に見ないものです。

今日、広場のメイン・アトラクションは天文時計です。この時計は時間を知らせるだけでなく、現在の季節や月も知らせてくれます。されに、12宮(現在のものではなく伝統的な12宮)、太陽、そしてキリスト教カレンダーの休日も知らせてくれます。毎時死の象徴(骸骨によって表わされています)が表れ、鐘を鳴らして時を告げ、12の使途が上部に現れます。さらに時計にはトルコ人が信じられずに頭を振る姿や、 守銭奴が金の入った袋を見る姿、うぬぼれ屋が自分自身を鏡で見る姿などの小人形があります。

時計の最古の部分は機械時計と天文盤の部分で、2つは共に1410年にまでさかのぼります。像は17世紀に追加されたもので、使途は1865年から1866年に行われた修復の際に追加されたものです。

アドバイス:天文時計のパフォーマンスを見るには正時ちょっと前に旧市街広場に行きましょう。

 

旧市街への行き方

旧市街はその道のほとんどが歩行者専用もしくは地元住民やタクシー以外のバスや大型車両乗り入れ禁止にされているため公共交通サービスが無く、歩いて回るのが一般的です。タクシーに乗るのはオプションとしてありますが、ツーリストへ過大請求することが日常的で、タクシーに乗ってトラブルを起こす価値はありません。Náměstí Republiky から Staroměstská までは徒歩で約15分。この地域には3つのメトロ駅があります。最も便利がいいのはStaroměstská(旧市街広場から徒歩5分)、Náměstí Republiky(Na Příkopě通りや Palladiumショッピングモール付近)、そしてMůstek(ヴァーツラフ広場が旧市街と合わさる場所)です。

 

PAT

Check Also

Vyšehrad(ヴィシェフラット)

Vysehrad (ヴィシェフラット)は10世紀、プラハ城(Prazsky hrad) 建設よりは明らかに遅い時期に設立されており、何世紀にもわたりプラハ城より劣る位置に存在しています。これは当初王子であり、後に最初のチェコ王となったVratislav IIが居住していた1061年から1092年間を除いて特に真実で、彼は城を再建築し、石造りとし、そこに教会の参事会を設定しました。