Home / 歴史 / 共産主義からの下落

共産主義からの下落

共産主義の遺産は今でもチェコ共和国の心や気持ちに残っていて人々の心理や経済、国の社会的状況に影響しています。明確なのは共産主義はチェコの人々から多くの物を奪い取り、人々はいまだ続くプロセスなしでの生活に適応しようとしてます。

共産主義支配の時代に生きていなかった人々にはこの時代に生きた男性・女性・子供がどのようなものであったか知ることはできません。政府はスピーチの自由に対し大幅な管理をしておりそれは共産党への参加を拒否した人が職を失ったりまた彼らの子供を将来の就職のブラックリストに載せるというものにまで及んでいました。想像できるように多くの人々はシステムを嫌っていましたが絶望であることへの圧倒的な感じで反対を唱えることができず、その高速から逃げ出したくても単にそれが出来ない国家でした。

共産主義の最大の遺産の一つにチェコの人々の人生の趣旨に対する姿勢があります。共産主義のシステムは人々の個人主義の全てを破壊し、人口を個人の意見や技術、利点などを無くした人々のグループである一つの個体としました。これはチェコの人々を内向性にし、今日にもまだみられます。多くのチェコの人々は大きなものを変えることができるとは考えない特徴を持ち、自分の運命のマスターであるのみと考えています。

海外から訪問する人には何か少しおかしいと感じますが政治的な抑制および残忍な政府統制にもかかわらず、この当時の良い記憶を持つ人々がたくさんいます。多くの人々はその当時を基本的な設備が支給され全市民が確たる住む場所を持ち信頼できる仕事があった時代として記憶しています。以前の政体に比べよりストレスがあることを認識し、今日では人々は住宅ローン、支払、仕事の安全、その他の多くの要因を心配しなければなりません。基本的にこれらは高い大望の無い人たちは共産主義政権が容認する方法で生活することに満足していて、大志をを持つ人々は今日の世界の夢を自由に追及することができるという事実を喜んでいます。

最も困難な時にあっても一つだけ一度も失わなかったものはチェコ人のユーモアのセンスです。これは軽妙でドライな性格を持ち人生に対しリラックスしたアプローチの登場人物が多くでる1989年にリリースされた映画で見ることができます。政権の崩壊後すぐにこれらの映画作成が開始されたのは偶然ではありません。これらの映画の主な特徴の一つは何年にもわたり抑圧されたルールに対した人々の内に蓄積されたフラストレーションの直接のインパクトである権力に反する反抗であるのは明らかです。

PAT

Check Also

近年のプラハ

ビロード革命そして共産主義の崩壊より20年以上の後、ヨーロッパ第一のツアリストデスティネーションとしてのプラハの人気は衰える趣がありません。以前のような旅行者用バーゲンでないにもかかわらず、チェコの首都のスリルある歴史、勇壮な建築物、そしてエンターテイメントの幅広さのコンビネーションは今まで以上に人々を引きつけて止みません。