Home / 歴史

歴史

1989年のビロード革命

東部及び中央ヨーロッパの人々においての歴史上もっとも大きな年の一つはまぎれもなく1989年でしょう。異なる共産党政府が着々と倒されていき、ベルリンの壁も倒され西ドイツと東ドイツが統一され今日のドイツとなった年です。チェコスロバキア政府は革命の波が彼らをすぐにでもおおうであろうと神経質にこれら全てが起きることを見ていました。

Read More »

近年のプラハ

ビロード革命そして共産主義の崩壊より20年以上の後、ヨーロッパ第一のツアリストデスティネーションとしてのプラハの人気は衰える趣がありません。以前のような旅行者用バーゲンでないにもかかわらず、チェコの首都のスリルある歴史、勇壮な建築物、そしてエンターテイメントの幅広さのコンビネーションは今まで以上に人々を引きつけて止みません。

Read More »

共産主義政体下のプラハ

戦後チェコスロバキアは冷戦がはじまるまでベネシュ(Beneš)大統領により再度自由の国となりました。冷戦は多くのチェコスロバキアの人々に自分たちが共産主義のイデオロギーのモデルになろうという声が挙げさせました。残りの地域中にわたり流行し始めたもので、ほんの数年の間に1948年ベネシュがその地位から退き クレメント・ゴットワルト(Klement Gottwald)が大統領に着任して共産党が国を管理下に置くことを許すまで共産主義の声はさらに大きくなっていきました。

Read More »

プラハスプリング 1968

1968年の初め強硬路線のスタンスで有名な政治家アントニーン・ノヴォトニー (Antonín Novotný)が共産党の第一秘書にスロバキア人の改革派アレキサンデル・デュポチェク(Alexander Dubček)によって交代されました。この革新主義の視野で共産党の格付けを通して登っていきた人物の指名は確実にこの離れた国家に究極の管理を持っていたロシアのリーダーにショックを与ました。

Read More »

共産主義からの下落

共産主義の遺産は今でもチェコ共和国の心や気持ちに残っていて人々の心理や経済、国の社会的状況に影響しています。明確なのは共産主義はチェコの人々から多くの物を奪い取り、人々はいまだ続くプロセスなしでの生活に適応しようとしてます。

Read More »