歴史

プラハは何世紀もの間、古くからボヘミアの領土の首都でした。14世紀半ば、プラハは神聖ローマ帝国の中心であり、人口に関してはヨーロッパで三番目に多い都市でした。カール4世の治世はチェコの歴史の中で黄金時代でした。しかしながら、この時代の終わりには宗教改革者ヤン・フスの教えに感化された、プロテスタント・フス派が15世紀にカトリック教会から送り込まれた十字軍と戦うことで、経済的、政治的衝突をもたらしました。16世紀には、プラハはハプスブルク王家が率いる中心地であり、1918年には、新たに独立した国であるチェコスロバキアの首都となりました。トマーシュ・ガリッグ・マサリク大統領率いるこの新しい国は、好景気を経験し、チェコスロバキアは世界で最も豊かな10の国の一つとなったのです。ナチスのボヘミア、そしてモラビアの占領はチェコスロバキアにとって壊滅的で、国の美しい建物くらいしか無傷ではいられませんでした。第二次世界大戦後、復興したチェコスロバキア共和国はソ連の影響下に置かれました。プラハの春と呼ばれる、共産主義体制の改革、緩和の試みは、ロシア軍が1968年8月に国内へ侵攻したことで、みじめに失敗に終わりました。1970年代、1980年代は反体制文化を築いたチェコスロバキアの人たちの多くにとって、息苦しい時代でした。プラハでの大規模な抗議、デモ活動は1989年11月、ビロード革命としても知られる共産主義体制の平和的打倒へつながったのです。1989年に鉄のカーテンがなくなると、プラハはボヘミアの宝の隠された財力を明らかにし、世界中へ向け招待状を送りました。その後、2014年5月1日チェコ共和国はEUに加盟しました。

近年のプラハ

近年のプラハ

ビロード革命そして共産主義の崩壊より20年以上の後、ヨーロッパ第一のツアリストデスティネーションとしてのプラハの人気は衰える趣がありません。以前のような旅行者用バーゲンでないにもかかわらず、チェコの首都のスリルある歴史、勇壮な建築物、そしてエンターテイメントの幅広さのコンビネーションは今まで以上に人々を引きつけて止みません。
1989年のビロード革命

1989年のビロード革命

東部及び中央ヨーロッパの人々においての歴史上もっとも大きな年の一つはまぎれもなく1989年でしょう。異なる共産党政府が着々と倒されていき、ベルリンの壁も倒され西ドイツと東ドイツが統一され今日のドイツとなった年です。チェコスロバキア政府は革命の波が彼らをすぐにでもおおうであろうと神経質にこれら全てが起きることを見ていました。
プラハスプリング 1968

プラハスプリング 1968

1968年の初め強硬路線のスタンスで有名な政治家アントニーン・ノヴォトニー (Antonín Novotný)が共産党の第一秘書にスロバキア人の改革派アレキサンデル・デュポチェク(Alexander Dubček)によって交代されました。この革新主義の視野で共産党の格付けを通して登っていきた人物の指名は確実にこの離れた国家に究極の管理を持っていたロシアのリーダーにショックを与ました。
共産主義からの下落

共産主義からの下落

共産主義の遺産は今でもチェコ共和国の心や気持ちに残っていて人々の心理や経済、国の社会的状況に影響しています。明確なのは共産主義はチェコの人々から多くの物を奪い取り、人々はいまだ続くプロセスなしでの生活に適応しようとしてます。
共産主義政体下のプラハ

共産主義政体下のプラハ

戦後チェコスロバキアは冷戦がはじまるまでベネシュ(Beneš)大統領により再度自由の国となりました。冷戦は多くのチェコスロバキアの人々に自分たちが共産主義のイデオロギーのモデルになろうという声が挙げさせました。残りの地域中にわたり流行し始めたもので、ほんの数年の間に1948年ベネシュがその地位から退き クレメント・ゴットワルト(Klement Gottwald)が大統領に着任して共産党が国を管理下に置くことを許すまで共産主義の声はさらに大きくなっていきました。
Back to top button