1989年のビロード革命

東部及び中央ヨーロッパの人々においての歴史上もっとも大きな年の一つはまぎれもなく1989年でしょう。異なる共産党政府が着々と倒されていき、ベルリンの壁も倒され西ドイツと東ドイツが統一され今日のドイツとなった年です。チェコスロバキア政府は革命の波が彼らをすぐにでもおおうであろうと神経質にこれら全てが起きることを見ていました。

チェコスロバキア内では人々は政府の交代を期待し、しかしどの様に政権の交代が行われるかについての心配で興奮と懸念の両方が入り混じっていました。人々が初めてどのように変わるのかを目にしたのは1989年11月17日でした。プラハで、この日共産主義青年団活動が第二次世界大戦でナチスによって殺された人々を追悼するデモを起こしました。このデモは警官と暴力的に衝突、結果多くのデモ参加者が逮捕されまた負傷しました。

1989年のビロード革命

この動きがチェコの人々を自分の運命は自分の手中へと動かしだしました。怒り自体は暴力のランダムな活動を起こしませんでしたが現職の政府に対する大きなデモへとつながりました。中でもLetnaで始まったものは大きく750,000人が参加しました。プロテストの人々の中で指導的立場にいたのはHavel(ハヴェル)という名の男性で、他の人と共に政府と協議し最終的に1989年12月3日に彼らを辞任させました。そのすぐ後、数々の異なる政党が参加しているハヴェルを党首に選出した「市民フォーラム」」が結成されました。

これらの出来事をチェコスロバキアは平和的に行ったため、これはビロード革命として知られるようになりました。それでも国家内にはまだ問題が残っており、東半分のスロバキアは徐々に西に集中する権力と資金に怒りを覚えるようになりました。1993年緊迫した状態になり、国が最終的に分離することを決めスロバキアとチェコ共和国が生まれることで終結しました。

Check Also

近年のプラハ

ビロード革命そして共産主義の崩壊より20年以上の後、ヨーロッパ第一のツアリストデスティネーションとしてのプラハの人気は衰える趣がありません。以前のような旅行者用バーゲンでないにもかかわらず、チェコの首都のスリルある歴史、勇壮な建築物、そしてエンターテイメントの幅広さのコンビネーションは今まで以上に人々を引きつけて止みません。