Home / レストラン / チェコビール企業

チェコビール企業

Plzeň (Pilsner Urquell)Plzeň  (Pilsner Urquell-ピルズナー・ウルケル)は、世界中の 情報通なパブ常連ならわかるゴールド、白そしてグリーンのラベルが付いたマーケットリーダーです。これは世界とプラハの両方でのトップブランドの一つ。これを出しているパブは通常、少々苦めでおいしい特別強い12度醸造品を出しています。プラハのビジターに広く喜ばれ、楽しまれています。

Gambrinusもまた Plzeňで作られているプレミア12度ブランドです。これらのブランドは国内で最もおいしいものの一つですが、多くのレストランやパブでは 10度のGambrinus に12度の Pilsner Urquell を混ぜて出しています。

Budvarはチェコ内で最初のバドワイザーブランドで、GambrinusやPilsner Urquellと同等、ソリッドでPilsner Urquell程苦くありません。再度、12度の方が10度より良好。これはプラハを訪れる外国旅行者の中で2番目にかしこいチョイスです。;

Staropramenはプラハ最大の生産者で、ブルタバスミーホフの川岸 に大きな醸造所を持っています。これは労働者階級のビールで、12度も10度も、非常に飲みやすい口当たりです。

Krušoviceは西部ボヘミア地方を拠点とする醸造所です。Pilsnerを作る小規模醸造所で、よりペールで少々苦めの金属的な後味があります。12度は特においしくできています。Krušoviceもまた10度のPilsner と甘い黒ビールを造っています。

Radegastはモラビアを拠点としていて、 Ostravaはおいしい12度と10度のビールを製造しています。

Měšťan とBráník はプラハの小規模醸造所で、両社とも良質のラガーを生産しています。 Měst’anは国内最良の黒ビールを生産しています。

VelkopopovickýKozelはプラハ南部を拠点としていて、ここもまた良好な12度ビールを製造していますが、彼らのエロチックな広告のために人によっては疎外しています。これらの広告はビール名の「ゴート」(この動物はビールのラベルに載っています)を意味する’kozel’を示していて、 胸を意味するチェコ語と類似することから語呂合わせになっています。

Bernardはボヘミア南部に位置するHumpolec、低温殺菌なしの12度ビールを造っていることで通には知られています。彼らの10度ビールであるSamsonビールはより人気の高い競合Budvarによって影が薄くなってしまいますが、どちらもおいしく軽い口当たりです。Samsonはチェコ共和国外では  ‘B.B. Burgerbrau’の旗本で販売されています。

PAT

Check Also

チェコビール

チェコビールは世界的に有名でまたチェコ人自身にも非常に楽しまれています。 何世紀にもわたりチェコビールは最高級品でした。 チェコビール特有の風味は手摘みのボヘミアホップから来ています。 チェコ共和国はドイツを抜いて世界最大ビール消費国(一人当たり年間153.6リットル)です。 それは成人全員が1日当たり平均1リットル飲んでいることを意味します。 プラハで生産されるビールの主なタイプはラガーでピルズナー・ウルケル(Pilsner Urquell)やブドヴァル(ブドヴァイゼル)(Budvar (Budweis))がよく知られています。