レストラン

プラハでは、最高級のイタリアン、フレンチから日本食、韓国料理、タイ料理、ギリシャ料理、北欧料理、メキシコ料理まで世界中のレストランがあります。近年では値段が上がってきていますが、いまだに食品は求めやすい価格です。チェコ料理といえば、ロースト、または焼いた肉とダンプリングで、必ずしも全ての観光客が美味しいとは感じないでしょうが、上手く料理されているなら、伝統的なチェコ料理は試す価値があります。

プラハは清潔さや衛生面では安全です。料理を提供する施設では、他のEU諸国のほとんどが何らかのプロ機関によって無作為に監査がなされるのに対し、ここでは州当局により2年に一度監査が入ります。

我々が挙げたレストランは、その料理、雰囲気、そして観光客の人気度からおすすめしています。特に「有名な」レストランで食事したいのでしたら、特に週末や繁忙期のようなピークの時期には予約する方が良いでしょう。

コロナパンデミックの間、多くのレストランは閉店を余儀なくされ、その中でも、持ち帰りの販売のみしか許可されていないため、ロックダウン期間中どうにか生き延びようと苦労しているレストランもあります。特に観光スポット近くにある多くのレストランは、地元の人のため値段を下げ、メニューの調整に追い込まれました。チェコのレストラン業界へどのくらい大きな影響があるかは、いまだに未知数です。

多国籍料理レストラン

多国籍料理レストラン

多国籍料理がお好きなら、プラハでは決して不自由しません。インド料理、フランス料理、スペイン料理をはじめ、様々な多国籍料理レストランが市内の至る所にあります。 Ambiente Brasileiro Na Přikopě 22, Prague 1; www.ambi.cz BARBAR Všehrdova 17, Prague 1; www.bar-bar.cz Casa Andina Dušni 15, Prague 1; www.casaandina.cz Kolkovna v Celnici…
野生動物の肉を味わえるプラハ市内のレストラン

野生動物の肉を味わえるプラハ市内のレストラン

美食家にとって、秋は野生動物の肉を楽しめる季節でしょう。 鹿肉は一年を通じて限定的に出回っていますが、主に季節限定の食材で、食事を楽しく豊かにしてくれます。 主な野生動物の肉には、鳥類(キジ、ヤマウズラ、ウズラ、アヒル、ガチョウ、ヤマキジ)、毛皮動物(ノウサギ)、大型動物(ノロジカ、ヘラジカ)、黒色動物(イノシシ)があります。現在は、よりエキゾチックなダチョウ肉やカンガルー肉もあり、こうした肉は季節を問わず味わえます。 野生動物の肉には独特な味と香りがあり、飼育された動物の肉に比べて、高タンパク質低脂肪で、質が高くヘルシーです。また、同じ種類の動物でも年齢や健康状態によって味が異なります。捕獲後、しばらくの間、肉を吊るして熟成させてから調理して食します。 野生動物の肉は様々な手段で調理可能で、非常に人気のあるグーラッシュが数多くあります。 ウズラ肉、ローストハム、大型動物の腰肉、野鳥肉をワインで煮込んだ料理やウサギ肉や鹿肉などのパテが人気です。そして、忘れてはいけないのがイノシシ肉で、その付け合わせとしてローズヒップソースが好まれる場合もあれば、キャベツとダンプリングが好まれる場合もあります。 プラハ市内には、様々な種類の美味しい鹿肉料理を味わえるレストランが数多くありますが、その大半が10~12月の期間限定で提供していて、野生動物の肉を年中楽しめるレストランはごくわずかのみです。 Restaurant Zvonice、オールシーズン Praha 1, Jindřišská, Jindřišská tower、電話:224 220 009 インドジシュスカー塔の2階にある高級鹿肉専門レストランで、独特の梁と石造りの壁、ベルがユニークなインテリアを形作っています。メニューには、イノシシ肉テンダーロイン・コリアンダー風味の野生キノコ添え、鹿肉のポートワイン煮込み、鹿肉ステーキのタイム入りワインソース和え、イノシシハムのローズヒップソース和え、鹿腰腿肉のキャンドルソース(野菜ピューレとサワークリームを混ぜたソース)和え、ノロジカ肉テンダーロインのアンズタケ添えなどがあります。 Restaurant Magická Zahrada nouveau Nuselská 159/114, Praha 4…
チェコビールの歴史

チェコビールの歴史

コンタクトレンズ、角砂糖、Semtexに加え、チェコが最も誇っているのは、世界の元祖ピルスナービールを発明したことです。ボヘミアのパブの常連なら誰もが知っているように、1830年代後半まで、プラハの西90kmにあるドイツ語圏のピルゼンで、上面発酵された黒色の曇りがかった怪しげな品質の地ビールが醸造されていました。それにうんざりした住民は、Bürgerliches Brauhausを設立し、バイエルンビールの醸造者ヨゼフ・グロルを雇用しました。ヨゼフは、1842年10月5日に世界で初めて下面発酵されたラガービールを製造し、涼しい洞窟に貯蔵しました。淡色のモラヴィアモルト、ザーツホップ、地元の水から、澄んだ黄金色のビールが製造され、旋風を巻き起こしました。それと同時に、大量生産された安価なグラスが販売され、この新たに登場したビールの色と透明度を美しく引き立てました。そして、新らに鉄道網が伸びたことで、このピルナースタイルのビールが中央ヨーロッパ中に輸送され、大流行したのです。 共産主義政権が崩壊するまで、伝統的な醸造方法が守られてきました。その後、大型醸造施設はほぼすべて、低温殺菌、脱酸素、急速な熟成、二酸化炭素の注入といった近代的な手法を取り入れ、その結果、貯蔵寿命が長くなり、味が衰え、泡立ちが良くなりました。国内の小規模醸造所は、その波に飲み込まれるか、経営が傾きました。1990年代半ばまでには、わずか60軒の醸造所のみが残り、最大の醸造所は多国籍企業によって所有されました。しかし、過去10年間で新しい地ビール醸造所が誕生し、最新技術をあえて避けた醸造方法で、かつてないほどの美味しくて独特なビールを製造しています。
プラハのビアガーデン

プラハのビアガーデン

夏本番にプラハで冷たいビールを堪能するには、ビアガーデンが最高です。市内には素晴らしいビアガーデンが数多くあります。以下はより人気のある 夏本番にプラハで冷たいビールを堪能するには、ビアガーデンが最高です。市内には素晴らしいビアガーデンが数多くあります。以下はより人気のあるビアガーデンの一部です。ぜひ参考にしてください。 Zahradní pivnice Letenské Sady(レトナ庭園ビアガーデン) このレトナ庭園内にある人気のビアガーデンは、ネオ・ルネッサンス様式のレトナ城の真正面に位置し、プラハ旧市街地とヴルタヴァ川の見事な眺めを堪能できます。広大な公園の敷地内にあるので、日中に成熟した木々の木陰でお友達とビールを楽しんだり、夜にはランプの明かりの下でロマンチックに過ごしたりできます。また、夏期間中、庭園内は子ども連れの家族や芝生の上でピクニックを楽しむ観光客で賑わいます。やや小さめのバーでは、手頃な価格でガンブリヌスのドラフトを堪能できる他、ワインや様々なソフトドリンクも楽しめます。ぜひビールと共にソーセージやピザを味わってください。 Letenské sady, Praha 7 – Holešovice; www.letenskyzamecek.cz 営業時間: 月曜日~金曜日 11:00~23:00、土日10:00~23:00(夏期間中営業) Hospůdka Na Hradbách(胸壁の居酒屋) この象徴的な居酒屋は、ヴィシェフラド城の胸壁内にあり、テーブルが日よけの下や外壁に沿って並んでいます。この辺りは、特に近代的なプラハの眺めを楽しむのに人気のスポットで、新市街地やヌスレ橋の見事なパノラマ景色を満喫できます。大人数を収容できるので、パーティーやお祝いに最適です。内部に小部屋が3つある他、屋外ガーデンがあります。ガーデンでは、窓の外からビールが提供されます。満席になると、プラスチック製のコップに注がれたビールを草の上に座って楽しめます。グリル料理を屋外で提供していて美味しい肉料理を楽しめる他(チョップとラムソーセージ)、バルカン料理やベジタリアン料理もあります。年中営業していて、定期的にコンサートやイベントが開催されています。 V Pevnosti 2, Praha 2 –…
プラハのビールスパ

プラハのビールスパ

チェコ共和国は、ビール醸造の先駆者でそのビールスパで人気があり、プラハに訪れたら、チェコ最新のレジャー、ビールスパを満喫できます。各ビールスパ施設は異なりますが、通常、ビール風呂は共通してあります。ビール風呂では、水、ビール、ビール製品が混合された暖かいバスタブの中に、1人または2人で約20分間入浴できる他、ビールを飲めます。その他の人気のトリートメントに、マッサージや大麦とホップのホットパックがあります。ビールスパは、非常にリラックスできるだけではなく美肌効果もあります。シャワー後、ビールの匂いは消えるので安心してください。 BBB Pragueビールスパ ビールスパBBB PRAHAは、最古かつ最大規模の汎ヨーロッパのビールスパ・ネットワークBier Bottich Bad Groupの一部で、特許権および実用新案権により保護されています。ここでは、天然製品と伝統スパのトリートメントを堪能できます。ビールスパBBBでは、モダンで美しい環境の中、本物のエンバクわらのベッドの上で、ビールを惜しみなく使用した高品質のトリートメントでリラックスできます。3つのバスタブがあり、楽しめるだけではなく健康や肌にも非常に良く、その効果は皮膚科医との長年の提携により評価され、実証されています。 また、旧市街地の中心部に位置し、当スパの上階にあるBBBアパートメントにて、宿泊施設も提供しています。 Masná 5, Praha 1 – Staré Město; www.pivnilaznebbbpraha.cz 営業時間: 月曜日~日曜日10:00~22:00 Bernard Prahaビールスパ Bernardビールスパでは、エレガントな環境の中、リラクゼーションを提供しています。トリートメントにはビール風呂が含まれ、自分専用の蛇口からバーナードビールが惜しみなく流れるオリジナルのバスタブで入浴を楽しめます。入浴液には、バーナード醸造所により開発およびテストされた癒しブレンドが使用されていて、ビタミンBやŽatec(ザーツ)産の最高品質のホップが豊富に含まれています。入浴の後は、隣の部屋でリラクゼーションを堪能できます。リラクゼーションマッサージは、入浴と共に予約可能です。全トリートメントは、完全なプライベート空間で行われます。 Týn 10, Praha…
プラハの代表的な料理

プラハの代表的な料理

チェコ料理とプラハの代表的な料理は、周辺諸国の料理と互いに影響し合ってきました。レストランのメニューでまず気づくことは、肉料理が多いことでしょう。しかし、かつてはそうとも限らず、肉は週に1回、たいてい週末に食べるのが習慣でした。通常、チェコ料理は2品以上で構成されています。一品目にスープ、二品目にメイン料理へと続いた後、デザートまたは果物のシロップ煮などで締めます。以下は、ほぼすべてのチェコ料理レストランで提供される代表的な料理です。
ベへロフスカ

ベへロフスカ

旅行をふり返るときは、旅先での食事の記憶を辿りながら思い出すことがほとんどです。200年以上の歴史を持つハーブリキュール、ベへロフスカ・オリジナルがチェコ共和国の名を広めているのも納得です。チェコ共和国の特産品のひとつとして、この100%自然なハーブリキュールは、世界中の人々をひとつにしています。
プラハの高級レストラン

プラハの高級レストラン

プラハ市内のレストランはそのおもてなしが自慢です。洗練されたサービスと多国籍料理や地元料理を提供しており、すべての方に楽しめます。 長年にわたり、プラハは高級レストランがあることで高い評価を得ています。レストランLa Degustation BoehmeやAlcronはミシュランの星を授与されてきました。
プラハのダイニング

プラハのダイニング

雰囲気はひとつひとつのレストランで違い、本当に様々です。また、各レストランでサービスの基準も異なります。たいていのウェイターは英語を少し話せ、特に若いウェイターの大半は、英語で問題なく会話ができます。または、ご自身で地元の言葉をいくつか覚えるのも良いでしょう。オーダーのとき非常に役立ち、スタッフから喜ばれます。
プラハにある日本食レストラン

プラハにある日本食レストラン

プラハにある日本食レストランは、ほとんどが高価です。多くの内陸国と同じように、新鮮な魚介類が高いからです。また、日本人経営のレストランでは大丈夫だと思いますが、がっかりするようなレストランが多くあります。Hanabi Sushi HouseやKobeは評判が良いですが、やや値段が高めです。出費を抑えたい場合は、Sushi Oishi レストラン(V Celnici 4、プラハ 1)をお試しください。
チェコビール企業

チェコビール企業

Plzeň (Pilsner Urquell-ピルズナー・ウルケル)は、世界中の 情報通なパブ常連ならわかるゴールド、白そしてグリーンのラベルが付いたマーケットリーダーです。これは世界とプラハの両方でのトップブランドの一つ。これを出しているパブは通常、少々苦めでおいしい特別強い12度醸造品を出しています。プラハのビジターに広く喜ばれ、楽しまれています。
チェコの精神

チェコの精神

スパの町カルロヴィ・ヴァリの昔からのハーブからできている甘く黄色のリキュールBecherovkaはそのままでもしくはトニックと割って(「コンクリート(かけ)」として知られる)飲みます。Fernet はビールとの相性がよく、Femet-Brancaによって影響を受けた地元のリキュールです。これもまたトニックと割って「バーバリアン・ビール」またはBavorsképivoとしていただきます。しかしこの飲み物にはビールは入っておらず、バイエルンでは知られていません。
Back to top button